TOPスタッフブログ > 広く見せる

2019.9.20 ハクタス89+ 阿部

広く見せる

暑くなったり涼しくなったり。

朝晩はやっと過ごしやすくなってきました。

今週末はせっかくの3連休に台風…

しっかり備えましょう。

 

さて、打合せをしていて、よくいただく質問の中で、「どうすれば広く見えるか?」について。

実際の面積を大きくするのではなく、視覚的に広く見せるには。

建物が大きくなればその分費用もかかりますが、もともと付ける予定のもののサイズを変えるだけで、特別に費用が発生する訳ではなく、広く見せる方法があります。

 

それは、横長(ワイド)に見えるようにつくる。

ということ。

 

E1261F2E-BCE8-40F4-A3F4-8760880EA02D

まずは、こちら。

どこがワイド?と思われるかもしれませんが、窓に注目してください。

あまり見ない形じゃないですか?

掃き出し窓(出入りできる窓)であれば通常、2mほどの高さがあるのですが、こちらは1.6m。

あえて背を低くすることで縦横比を調整し、横幅の方が大きくなるようにしています。

 

FB90B2E1-7529-4BC1-B869-5C316CBD21CA

それからこちら。壁付けキッチン。

ここではふたつ。

まずオーダーしたキッチンは、横ラインが入るようなデザインにしています。

それと壁に貼ったタイル。

あえて天井まで貼らずに窓、レンジフードと高さを揃え、横長に見えるように。

 

3541F73B-70C1-428F-B204-E60942D36255

そしてこの家、外観もワイドに見えるよう工夫してあります。

グリーンの部分が横長に、なおかつラップサイディングで横ライン。

実際より大きく見えます。

 

640DD495-5817-499D-B604-0A6B8169AA9A

もうひとつ、造作のカップボード。

吊戸棚の部分を天井まで付けず、横長の形にして圧迫感なくワイドに見せています。

 

これは、服と同じです。

ストライプの服を着ると、スマートに見える。

ボーダーの服だと、太って見える。

ここでは広く見せるため、ボーダーをつくっているんですね。

 

いろいろな方法がある中で、ひとつご紹介させていただきました。

 

このように、ものの選び方、つくり方で広くも狭くも見える住宅。

限られたご予算の中でベストな選択をしていただけるよう、ご提案させていただきます。

 

上に紹介した写真は、すべてこころモデルハウスです。

今週末もイベントがあります。

台風が強くならなければ、ぜひ遊びにいらしてください。

 

スタッフブログ一覧へ戻る

電話でのお問い合わせ0120-280-289