TOPスタッフブログ > 計画換気

2019.8.27 ハクタス89+ 谷口

計画換気

昼夜の気温変化についていけない谷口です。

 

今日は換気について書いていこうかなと思います。

皆さんはどんな違いがあるかご存知ですか?

給気も排気も機械でおこなうのが第一種換気。

給気は自然におこない、排気は機械でおこなうのが第三種換気。

 

24F60F21-9B5B-4829-A177-67311B0D30F5

上の画像のような感じです。

 

弊社で取り入れているのは第一種換気。

機械で計画的に換気を行うので、いつも新鮮な空気が家の中にはいってきます。

空気がまわるように給気口を配置していますので、埃もたまりにくく、エアコンによる冷房や暖房も効率的に使用する事が可能です。

この第一種換気の中でも製品によって性能が違います!

弊社で使用しているのは、温度交換効率が90%ある製品を使用しています。

外が0℃で家の中が20℃の場合、熱交換器によって、熱を入れ替えることにより18℃の空気が家の中に給気されるようになっています。

※カタログ参照

 

ただし、いい製品を使用すれば換気に気を使っている家が建つわけではありません。

これは第一種換気、第三種換気でもいえる事です。

ここで大事になってくるのが、お家の気密です。

気密というのは、「お家にどれぐらいの隙間がありますか?」

という事で、この隙間が大きいと、どんなにいい製品をいれてもあまり意味がないかもしれません。

隙間からお家で温めた空気が逃げていき、外の冷たい空気がはいってくるからです。

弊社では、0.7以下を基準として全棟気密測定を実施しております。

 

※実際には断熱工法を問わず、0.5以下をコンスタントに出せています。

 

75946540-AAA6-4D39-96C9-216B5ADB82CF

上の画像のような機械を据えておこなっていきます。

 

お家の隙間をしり、隙間がないように施工していくと、計画的な換気に繋がります^^

計画的な換気を行う為には、設備だけではなく「隙間」も大事だよってお話しでした(^^)

 

おしまい

 

スタッフブログ一覧へ戻る

電話でのお問い合わせ0120-280-289