TOPスタッフブログ > 組んでおくのが大切です。

2019.6.04 工事現場 ハクタス89+ 森下

組んでおくのが大切です。

昼は暑くて、夜寒い。

まぁまぁ体調崩し気味、いつもこんな感じなので、ある意味 絶好調です。

さて、住宅の工事の中に上棟という日があります。

弊社のブログやインスタにもたまにアップされですよね。

基礎の状態から一気に家の形になる見応えのある日です。

その上棟から少し遡り、土台敷という作業があります。

このうように、基礎の上に木材を敷いていきます。

F27682E6-CFB9-4920-9A7C-F05306D112AB

土台を敷くだけでは無く、

その後に上棟をスムーズに進める為  木造軸組工法の重要な作業があります。

金物を編む

写真の様に金物は、羽子板ボルト・座金・ボルトなんかが、バラバラで納品されています。

912F6DE8-578E-439D-858D-368EC674F54A

それを上棟日にいちいち組んでいたら作業になりません。

て事で先に組んでおく。

こんな風に。

DA74BD80-1145-4EA9-A8A6-C7FCE22A2752

何本も、何本も、何本も。

これ、いつ終わるんや。

何百本も組むんです。

これを大工さんは毎回、毎回  土台の度にやっている訳ですね。

これだけでもホント大変です。

で、どういう所に使われるかというと、

このように使う所に配っていき

5CD3AD79-21D3-4333-9DBC-0907B4EEDD9C

セットして締めていきます。

A4D9FD3D-2370-4A2B-9A9B-1212D0E20926

上棟が想像以上に早く進むのは、こういった大工さんの段取りがあってこそ。

何十本、何百本と使われているので、機会があれば是非見てみて下さいね。

スタッフブログ一覧へ戻る

電話でのお問い合わせ0120-280-289