TOPスタッフブログ > 新国立競技場

2019.5.19 ハクタス89+ 中川

新国立競技場

こんにちはハクタスの中川です。

 

ここ最近は天気も気温も安定して過ごしやすい時期ですね。

この時期が好きですね(^^♪

 

さて先日新国立競技場の屋根工事が終わったとニュースがありました。

実は工事が始まったのは、2016年12月からです。36ヵ月で完成するスケジュールが

組まれているみたいです。

今回の新国立競技場は木材をたくさん使ってます。

images

「杜(もり)のスタジアム」とも呼ぶらしいです。

 

屋根工事が日本初の工法で造られました。

観客席を覆う長さ62mの片持ち形式の屋根架構は木と鉄のハイブリッド構造で屋根トラスです。

imagesdownload

建築家・隈研吾さん曰く、

日本の木造の繊細さは巨大建築物であっても生かせる。新国立競技場に足を運んだ観客は、寺社仏閣に訪れたような感覚になるだろうとおっしゃております。

 

完成が楽しみですね☆彡

 

日本の国土のうち約7割が森林です。この割合は、先進国のなかでフィンランドに次いで2番目に高い。日本は世界有数の森林国です。このうち約半分が天然林、2割が人工林、その他3割が無立木地(樹木が生立していない林地)や竹林などで構成されているみたいです。

新国立競技場は、地球温暖化防止への貢献やコンクリート社会から木の社会への転換を実現するための木材利用の拡大繋がって行くと思います。

 

また2041年までに都内に木材を主部材とした超高層ビルを建設する構想があります。なんと建物の大きさは高さ350メートル、地上70階建て。

注文住宅8000棟分の木を使うみたいです。

 

スタッフブログ一覧へ戻る

電話でのお問い合わせ0120-280-289