TOPスタッフブログ > texture

2019.1.29 家づくりについて ハクタス89+ 村井

texture

 

texture

 

物の表面の質感・手触りなどを指す概念である。 本来は織物の質感を意味する。 髪型においては髪の表面の見た目の光沢や毛先の揃い方ばかりでなく、手で直接触った際の感触も含む総合的な概念。 コンピュータグラフィックスにおいて、3次元オブジェクト表面に貼り付けられる模様。

 

とwikiにあります。

 

僕らの関わる領域で一言でいえば

 

・手ざわり

・素材感

・心地

 

といったところでしょうか。2019こころモデルハウスでも、このtextureを求めて使う建材の選択をしています。

 

住宅において、このtexureを感じれる部分として、があります。住宅の空間において床は大きな面積を持っていますし、ほぼ常に触れている部位。それだけにこだわりたい部分でもあると思います。

 

2019年モデルの床材として使用する材料ですが、僕が長くから付き合いのある地元の業者さんにお願いして(いつも無理難題聞いていただいてありがとうございます)、今年も新規に加工製作してもらいました。

 

89A9A604-4D6A-46EF-8C26-E89CA96F5D6E

 

今回は、粗いtextureであたかも使い込んだ道具や、家具のような。また、それらが同じ空間に在ることが似合う。そんな素材感を出したくて製作してもらいました。

 

良い塩梅(あんばい)の出る樹種の選択。表面加工や使う塗料(オイル)。そのオイルの入り具合など色々と試してみながら試作をお願いしました。今回はコストも。

 

多くのお客さんもそうなんですが、工事の過程の中で床材を貼ったタイミングを心待ちにしている方がいらっしゃいます。多分に漏れず、僕も同じ。サンプルでしか見ていなかった床材を貼った後のタイミングは、すごく楽しみです。

 

今回のモデルは2月初旬あたり。

 

ハクタスでは家づくりの過程で、そんなtextureのこだわりにもお付き合いします。

 

以前、雑誌の1ページを撮ったものを持っていらしたお客さんがいらっしゃいました。

 

1AB0E080-7241-484A-AC88-1EE3AA4610AF

 

この雰囲気を再現したいと。

 

ハクタスのコーディネートチームは、そんなリクエストにも相談に乗ります。材料を探しますし、無ければ作ります。

 

そんなところから楽しめる家づくりを、一緒にしてみませんか?

スタッフブログ一覧へ戻る

電話でのお問い合わせ0120-280-289