TOPスタッフブログ > みんなで復習

2018.11.01 家づくりについて ハクタス89+ 村井

みんなで復習

今週に入って一段と寒くなってきました。

 

ヒートテックは出すわ、ダウンベストは出すわで、一気に冬支度が始まりました。

 

ボアジャケット欲しいなーと、今週のオフはウィンドウショッピングしてきました。

 

 

スタッフの村井です。

 

 

さて、今日はYKKapさんに事務所に来ていただき、サッシの勉強会をしていただきました。

 

IMG_7266

 

1年くらい前にも、同じ勉強会をしてもらったことがあるんですが、改めて「おさらい」ということで約2時間勉強させていただきました。

 

 

2020年に現行の省エネ基準が義務化(今は試行中みたいな感じで目標値)となりますが、実はこれが大してレベルが高くないんです。エネルギー資源の非常に少ない国土に住む私達ですが、その割には省エネ性能は世界的にみて非常に低レベルな日本。

以前のブログでも書いたことあったかも?ですが、省エネ性能と健康に大きな影響を与えます。

 

日本では、交通事故での死亡者数よりも、心疾患や脳血管疾患などのヒートショックが原因での死亡者の方が25倍も多いというのはよく言われている話です。

今日の勉強会でこんな事言われてました。

 

「これから出勤とか帰宅って時に「安全運転でね」ってよく言いますが、よくよく考えたら、それより「家に帰ったら血管切れないよう気を付けてね!」って感じですよね」って。

 

まさにその通りですよね。

 

30年は先に進んでる省エネ大国ドイツに、即時追いつこう追い越そうとまでは言いませんが、国政で定められる基準では全然足らないって事を認識することは必要で、あるべき姿にいかに近づくか?は意識して目指していきたいところです。

 

もちろん、それには世論も足並みも必要なわけですから、いきなりドイツ仕様!ってのはハードル高すぎなわけではあります。だから、少しづつ前進していかないといけないのでは?と思います。

 

 

これは勉強会での一コマですが、

 

左 内外アルミフレーム

中 樹脂アルミ複合フレーム

右 内外樹脂フレーム

 

の外部側になる部分(網戸が乗っかるレールの部分)にドライアイスを置いた実験をしていただきました。

IMG_7269

 

溶け具合が全然違いますよね?これが熱の伝わりやすさの違い。アルミ製のアイスクリーム食べる専用スプーンってあるじゃないですか?ハーゲンダッツも楽に食べられるヤツ。あれって熱伝導率が良いってのを利用してるんですよね。手の熱ががアイスに伝わりやすいって原理。

 

ハーゲンダッツを食べるには熱伝導率の高さが良いのでしょうが、サッシには熱伝導率の高さは不要。ってことですね。

 

 

 

樹脂マドの普及率

 

ドイツ   64%

イギリス  76%

フランス  68%

アメリカ  65%

韓国    80%

中国    30%

日本    17%

 

だそうです。遅れてますよね。

 

 

サッシの話。

興味のある方、一度スタッフに聞いてみてください。

スタッフブログ一覧へ戻る

電話でのお問い合わせ0120-280-289