TOPスタッフブログ > 水回り戦争

2018.9.16 家づくりについて ハクタス89+ 太田

水回り戦争

 

こんにちは。

ハクタスの太田です。

 

こころ住宅展示場では現在オータムフェアを開催中です!

 

201809オータムフェア_oi

 

詳しくは ” コチラ “ から詳細をご確認下さい。

個人的な話ですが、イベントがある度に飲食ブースが楽しみなのですが。

今回出展されているラーメンのコスパが最高です。

\300で生麺を湯がいて提供して下さいます。

オススメです!

 

 

 

さて、本日のタイトル「水回り戦争」

以前とあるお客様に言われたことがある例をいくつか。

 

—————————————————–

scene 1

 

女性「洗面所と脱衣所は絶対に分けたいんです!」

 

太田「それはどういった理由で?」

 

女性「実家が戸建で私がお風呂に入っている時に洗面所にお父さんが入ってくるのが凄く嫌だったので!」

 

 

シルエットや脱衣所に置いてあった下着を見られるのが非常にストレスだった見たいです。

お父さんは何も気にせず洗面台を使っていただけでしょうね・・・笑

 

—————————————————–

scene 2

 

ご主人「最近迫害されているんです・・・。」

 

太田「と言いますと・・・?」

 

ご主人「一階のトイレを私が使うと臭い!と怒られるんです・・・。だから二階のトイレが私専用のトイレになっていていちいち上がらないといけないんです・・・。」

 

kusai_toilet

 

世の男性の肩身はせま目なんでしょうね。笑

 

—————————————————–

scene 3

 

お客様「洗面所の洗面ボールは2つ欲しいです」

 

太田「そんなに使われるのですか!?」

 

お客様「うちは子どもが3人とも女の子なので平日の朝、洗面所が込むんです・・・。」

 

 

なるほど、しょうがないです。

それと女性の比率の高いご家族はお湯を使う量が恐らく男性よりも多くなってくると思いますので、給湯器の容量についても注意が必要です。

 

—————————————————–

 

などなど・・・。

水回りは家族間でも価値観の違いが多く見られる箇所です。

 

皆様のご家族の水回り事情はいかがでしょうか?

今の僕のお家は洗面所の中に一緒にトイレがあります。

 

イメージはこんな感じ

000041_00000957_phppsa48H

(こんなに綺麗じゃないけど。笑)

 

海外はこのパターンが主流ですよね。

ちなみに何故これが主流になっているのでしょうか?

そのベストアンサーがYahoo!知恵袋にありました。

「どうして欧米諸国の家はトイレと浴室が同じ部屋になっていることが多いのでしょうか?」 (元ページリンク)

 

うーん、確かにそんな感じだった気がする。

うろ覚えで申し訳ないのですが、海外は水回りを「完全プライベートスペース」と捉える説もあったような・・・。

 

脱線しましたが、今はこれで嫁と特に揉めたりはないです。

いずれは言われるのか?とビクビクしていますが。笑

 

 

とにもかくにも、水回りには様々な価値観が存在するので理想のお家のヒアリングをしているとよくご家族間でぶつかる戦争ポイントでもあります…。

これはお互いの生活スタイルを知っているご家族内での話し合いでしか解決し得ません!

 

一度これをきっかけに家族の生活スタイルを改めて観察されてみてはいかがでしょうか?

意外とそこから理想の住まいのポイントが見えてくるかもしれませんね!

 

 

 

 

スタッフブログ一覧へ戻る

電話でのお問い合わせ0120-280-289