TOPスタッフブログ > SiriよりAlexaが欲しい。

2017.8.10 独り言 総合企画部 丸山

SiriよりAlexaが欲しい。

本日私は、お盆前の最終出勤日。

昨日お話した未来のお話。

 

今日は少し、おそらく年内に起こる面白いモノについて。

 

ついつい何かとポチッとしてしまうもの。

 

私にとってはそれは「Amazon」

 

学生時代にプライム会員登録してからなので

かれこれ14年くらい。

 

ちょうど卒論の最中だったので

書籍の購入メインでしたが

今では、ビールなどの日用品、母親へのプレゼント、キャンプ用品などなど。

はたまた

プライムビデオ、プライムミュージックなんつーものは

毎日ヘビーユーズですし、ガッツリと生活の一部に溶け込んでおります。

 

さてさて

そんな私が、

Amazonから発売されるのをいまかいまかとワクワクしているもの。

 

それがコチラ。

61gr5b2qnpl-sl1000-1

 

 

ん?デジタルフォトフレーム??

 

ではなくて、

Amazonエコー・ショーという製品。

 

本国米国では爆発的ヒットで超品薄状態のコチラ。

 

何が凄いかというと「Siri」ならぬ「Alexa」という音声認識プログラムに語りかけることによって、

電話でも、買い物でも、赤ちゃんの様子でも、動画でも、本でも、何でもかんでも

出来てしまうということ。

 

詳しくはコチラの動画を見て頂きたいのですが…。

動画のように、Alexaは、Amazonが所有する人工知能のことで、音声を認識して色々な操作を実行してくれる音声認識ユーザーインターフェース。

 

早い話がアップルのSiriのようなものなんですが、Siriと大きく違うのは、スマホの機能に限らないということ。

 

「生活空間に設置できる」という点で、Siriとはサービスの方向性が大きく違っていて比較になりません。

 

実際Siriを駆逐する勢いなんだとか。

 

将来的には、ネットに繋いである家電は全て音声で操作可能になるといいます。

 

50603a52508602d6cb1d92571f1dfdd4-700x317

 

図で解説するとこんな感じ。

 

これ正直ヤバくないですか??

 

ネットの書店だったものが、

近い将来、様々な業界と密接にリンクする

はたまた、ゲームチェンジャーとして世の中を動かす

そんな存在になりつつあります。

 

先日トヨタとマツダの提携のニュースがありました。

その敵は、日産でもVWでもない。

想定している敵はGoogle。

おそらくAmazonもそうなのでしょう。

 

あのトヨタでさえ、

車一本では立ち行かないと考えている。

云わんや建設業なんて…。

 

とまあ最後は堅苦しくなりましたが、

早く出てくれないかなぁ~エコー。

ということで

 

皆様素敵な夏休みをお過ごし下さい。

 

スタッフブログ一覧へ戻る

電話でのお問い合わせ0120-280-289