TOPスタッフブログ > 声について

2016.4.21 独り言

声について

皆様
こんにちは。

少しブログの更新が滞っておりました。

 

 

この度の熊本・大分にまたがる地震の
被害地域の皆様に心よりのお見舞いを申し上げると共に
いち早い復興を微力ながらご支援できたらと考えております。

 

今回の震災で個人的に感じたのは
「声」という単語。

 

報道などでは伝えられにくい
現地の生の「声」が
SNSなどによって拡散され
それを受け止めた日本各地の人々の「声」よって支援の和が広がっていく。

そんな印象を受けています。

 

通れる道であったり
本当に必要としている場所、モノ、コトであったりが、
これまで以上に素早く、様々なところに広がっていく。

 

日頃のニュースでもそうですが、
マスコミ各社の報道が
それらの後追いになっていっている事実
そしてその中での各社の役割というものも
考えていかなければならないのでは?とも思います。

 

 

さて、
先日ご縁があり
広島FM「モーニングアライブ」
防災ハンドブックコーナーに少しだけ出演させて頂きました。

IMG_0109

 

なにぶん、初めてということもあり
お聞き苦しいところもあったかと思います。

「ショー○Kの偽物みたいだったけど、語尾が聞き取れなかった」
といった私の妻の褒めているようで
褒めていないストレートな感想が
一夜明けても胸に浅く広く突き刺さっておりますが…。

 

やはり餅は餅屋。

 

プロの語り手には完敗でございます。

この場を借りて再度お伝えしたいのは
罹災時に必要だと言われている
「自助・共助・公助」。

 

自助

『平時より「自助」の部分を考えておくのが大切です。』

というシンプルなメッセージです。

 

「自分・家族・大切な人といった

自分の守れる範囲での人々をどう守るか。助け合うのか。」

 

そこを起点として

防災について考えて頂ければといいのかなと個人的に思っております。

 

例えば、住まい、生活必需品、集合場所、連絡手段などについて、

話しておくだけでも、とっさの時の行動に役立つのではないかなと考えています。

 

なお、
防災ハンドブックについては
弊社にも在庫がございます。
お気軽にご来社・お問い合わせ下さい。

 

また
住まいについては私共もお役に立てるかと思います。

住まいの耐震診断・リフォームや
中古物件を買ってリフォームを検討されている方は
お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

さて話は少し変わりますが

614t0o0mRLL

 

 

明日、リクルート社より
弊社施工事例も取材して頂いた

「SUUMO注文住宅 広島岡山で建てる 春夏版」が発売されます。

 

特集は
「3,000人の声に学ぶ家づくりのすべて」
ということで
春から家づくりを考えられる方へ向けた一冊となっております。

弊社にも数冊予備がございますので
ご入用の方はご連絡頂ければ幸いです。

 

 

それでは
本日はこの辺りで。

スタッフブログ一覧へ戻る

電話でのお問い合わせ0120-280-289