TOPスタッフブログ > 家づくりを依頼する会社選びについて

2016.2.20 家づくりについて

家づくりを依頼する会社選びについて

皆様
こんにちは

 

私のことを少し。
出身は岡山県倉敷市。
家族は妻と子ども2人

20160220_1

(もうすぐ4歳の男の子と生まれたて1ヶ月の女の子)

 

広島での生活は約4年となります。

 

この会社に入社する前まで
実は、リクルート住まいカンパニーという企業にて
SUUMOやSUUMO注文住宅雑誌の統括、営業として
約7年ほど携わって参りました。

 

取材させて頂いたご家族数はおそらく100邸以上。
そして
京都、滋賀、奈良、兵庫、そして広島、岡山、山口と
お会いした企業は約200社以上になります。

 

その中で、ここ最近同席させて頂いている
お客様との打ち合わせの中で、よくご質問をお受けすることを少しずつ、つれづれなるままに何回かに分けてお伝えできればと思います。

 

本日はタイトルにあるように
「依頼する会社選び」についてです。

 

私の経験とリクルート社のデータに基づくお話ですが、

 

資料請求をする社数は4~6社
展示場に足を運ぶ社数は4~6社
実際にプランをお願いするのは3~5社
見積もりは2~3社

 

というのが、おおよその感覚です。
これらの数字はあくまで平均値なので
ご自身が「多すぎる」とか「少なすぎる」とかといった
正解ではございません。

 

とはいえ、
建築会社に在籍してこんなことを言うのはどうなんだ??という声もあるかもしれませんが、
やはり1社だけで判断するのは、あまりオススメはできません。

 

なぜこんなことを言うかと言いますと。

 

ずばり「適正か否か」が判断しかねるからです。

 

何が「適正か否か」の判断軸かと申しますと
「価格」「構造」「デザイン」「間取り」など
ご家族ごとにそれぞれご要望があるように
それぞれの会社にそれぞれの強みがあるからなのです。

 

だからこそ
私を含め、当社では、今日や明日といった
「焦った家づくり」はオススメしておりません。

 

一生にそうはない「家づくり」という家族のイベントを

じっくり存分に楽しんで欲しいと思うのです。

 

途中疲れたら、休憩すればいいのだと思います。
お茶が欲しい際は当社へ寄って頂ければ
いくらでもお出しします。

 

消費税増税や補助金、またはローンなど
急ぐ理由はございますが、

 

誰が主役か?誰のための家づくりか?

 

といったことをしっかりと忘れず、ブレず。
このイベントを楽しんで頂ければと思います。

 

これ以上は長くなりますので
本日はこのあたりで。

 

次回は
「会社の特徴」もしくは「スケジュール」もしくは…。

 

…お話をし易い内容にします。。

スタッフブログ一覧へ戻る

電話でのお問い合わせ0120-280-289