TOPスタッフブログ > 家づくりにまつわるお金の話

2016.2.16 家づくりについて

家づくりにまつわるお金の話

皆様
こんにちは。

 

家づくりを検討するにあたって
とても大切なお金の話。

 

ただ、多くの方にとっては(…私も含め)、
どこにどれだけお金がかかって
建物にどれだけお金が掛けられるのか??
というのはなかなか計算し難いものではないでしょうか。

 

とはいえ
まずは、はじめの一歩としてざっくり計算する方法を
ご紹介致します。

 

▶借りられる住宅ローンの額について

 

数行に問い合わせてみたところ、
住宅ローンの借りられる額の概算は…
世帯年収の6~7倍。

 

つまり
世帯年収500万円の場合は
3000万円~3500万円くらいが借りられる金額と
なります。
(※実際には、金利やご家庭毎の負債比率などを考慮して計算するので詳しくは各金融機関にお問い合わせ下さい。当社でもご紹介可能です。)

 

▶建築費用について

 

ローンまではわかったけど、建物にいくら掛けられるの?
というご質問もよく伺います。

 

これはなかなかに複雑そうな気がしますが
私自身。複雑な物事を考えるのは不得手ですので
シンプルにいきましょう。

 

つまり
①自分が用意できるお金
②どうしても必要なお金

 

この2つから割り出す方法がシンプルかと思います。

 

①自分が用意できるお金とは?

 

ずばり、頭金、親からの援助、ローンの3つです。

 

これの合計額がいくらかがその金額となります。

 

②どうしても必要なお金とは?

 

ずばり、引越し代、仮住まい、家具、家電、土地代となります。

 

それらを差し引きして(=①ー②)

 

③建築に掛けられるお金を算出することが
一番シンプルかと思います。

 

図にすると以下の通り

20160216_1

実際に表にすると以下のとおり20160216_2

ざっくりと数値を打ち込んだ場合だと
この方の建築資金は1,870万円。

 

ここから
例えば、建築資金はこのままということでしたら、
この資金で建築が可能な会社や間取りを考えていく。

 

また、もう少し建築にお金を掛けたいのでしたら、
自己資金を増やす。もしくは暮らす土地のエリアをもう一度考える

 

などの方法があるのかなと思います。

 

もっともっと
ご興味がおありの方は、お問い合わせ頂ければと思います。
ご相談は無料です。

 

それでは
今回はこの辺で。

スタッフブログ一覧へ戻る

電話でのお問い合わせ0120-280-289