TOP堀田建設の家づくり > 土地・資金

土地・資金

土地選び

家づくりはまず土地選びから!
大事なポイントをアドバイスします

家を建てたいという方はまず、土地探しから始めることがほとんどです。またすでに土地をお持ちの場合も、その土地に本当に理想の家が建つのか?という不安をもつこともあるでしょう。「これ」と思った土地にどんな家が建てられるのか、当社からもアドバイスをすることができますので、お気軽にご相談ください。ご家族のライフスタイルと将来予想、その土地の立地条件、通風・採光といった環境面など、総合的にみて土地選びのご提案をいたします。

土地選びイメージ

中古リフォーム・リノベーション

建て替えかリフォームか?
そんなお悩みにもお応えします

新築だけでなく、建て替えやリフォームのご相談も多い当社。古くなった家をリフォームし住み続けるべきか、新築に建て替えるかという判断に悩んでいる方もいるのでは?そこでひとつのポイントとなるのが住宅の耐震性能。築年はもちろん、メンテナンス状況などもチェックし、きちんと耐震診断を行うことが必要です。その結果を元に適切な補強を行うなど、幅広い技術でお悩みにお応えしていきます。

中古を買ってリノベーション? その前に!

価格的にも手に入れやすい中古物件を手に入れて、リノベーションをして暮らしたいという方も近年は増えています。しかし、中古物件選びはとても難しく、プロの我々でも「開けてびっくり」ということも少なくない難しい世界です。物件選びのアドバイスはもちろん、「中古購入+リフォーム」でローンを組める場合もありますので、ご検討中の方はぜひ、早い段階からご相談ください。

中古リフォーム・リノベーションイメージ
チェックポイント

給排水管
電気容量や分電方法、配線
給湯器の容量、換気設備
エアコンのスリーブ、室外機置場

お問い合わせ

資金

「家を建てる」がゴールではありません。
その後の人生も考えた計画が大切。

楽しく夢いっぱいの家づくり。でもそこには必ず「お金の話」がついてまわります。そして、家は建てたら終わりではなく、そこから長い人生が続いていく訳ですから、ローンを組むのであれば無理のない支払いであったり、人生計画に基づいた資金計画というものが必要になってきます。「家づくりってどこにどれだけのお金がかかるの?」「建物にはいくらお金がかけられるのだろう?」という方、まずははじめの一歩として、ざっくり家にまつわるお金の計算をしてみてはいかがでしょうか。

資金イメージ

住宅ローンについて

銀行数行に問い合わせてみたところ、住宅ローンで借りられる額の概算は、「世帯年収の6~7倍」だそうです。つまり、世帯年収500万円の方であれば、3000万円~3500万円位がおよその借入金額となります。(実際には、金利やご家庭ごとの負債比率などを考慮し計算しますので、詳細は各金融機関にお問い合わせを。当社からもご紹介可能です。)

住宅ローンの借りられる額の概算は、

世帯年収の6〜7

例)年収が500万円の場合は

3,000〜3,500万円程

になります。 お問い合わせ

建築費用について

借りられる金額がわかったところで、次に「建物にどれだけのお金がかけられるのか」を見ていきます。複雑そうな話ですが、ここは単純に「①自分が用意できるお金」と「②どうしても必要なお金」から割り出していきましょう。
わかりやすく下の図をご覧ください。

①自分が用意できるお金ー②どうしても必要なお金 = ③建築資金

①自分が用意できるお金とは、頭金、親からの援助、ローンなどです。
②どうしても必要なお金とは、引っ越し費用、仮住まい費用、家具、家電、土地代などです。
それらを差し引くと「③建築費用」が算出できます。

図にすると

費用図

では詳細数値を入れていきましょう

費用図 詳細

上記の例をみると、この方の建築費用は1,870万円。

この資金で建築可能な会社や間取りを検討していくか、あるいはもう少し自己資金を増やす、
暮らすエリアを変えて土地を安くあげる…などの方法が考えられます。

自分たちの場合はどうだろう?と興味をもたれた方は、ぜひお問い合わせいただければと思います。
ご相談は無料です。

さて、ここまで見てきた家づくりポイント。
資金や住むエリア、間取りと、それぞれに「譲れないポイント」はたくさんあるかと思います。
大切なのは「そこで家族が幸せに住み続ける」ということだと私たちは思います。

ご家族のライフプランを見ながら、将来に渡って住み続けられる家が無理なく建てられるように、
間取りプランとともに、資金計画も一緒にじっくりと考えていけたらと思っています。

無料相談会 お問い合わせ
電話でのお問い合わせ0120-280-289