TOP89+の家づくり > 構造・工法・耐震

- 性能と品質について -

+ 構造・工法・耐震

わたしたちの日々の暮らしを、長きに渡って支えてくれる住まい。
家族みんなが安心して暮らしてくためには、十分な安全性や耐久性が求められます。
暮らしの中で大きな脅威となる地震や台風などの自然災害は、この国では特に避けることのできないリスクです。ハクタスでは、高耐久で長寿命かつ、安心安全に暮らせる家づくりを目指しています。

  1. POINT No.6
    木造軸組パネル工法
    基礎断熱工法 イメージ

    日本古来から伝わる木造軸組に、筋交いの代わりとなる耐力面材を組み合わせた工法。
    変形に対しての力を面で分散しながら受け止めるモノコック構造です。
    また、耐力面材には無機質系かつ、透湿性能の高い素材を使用し、火災時やシロアリに対するリスク、壁体内結露のリスクを低減しています。

  2. POINT No.7
    ベタ基礎
    樹脂マド イメージ

    立ち上がり部分だけでなく、底板一面が鉄筋コンクリートになっている基礎です。建物の荷重を底板全体で受け止め、面で家を支えます。
    また、コンクリートで覆うので、地面から上がってくる湿気やシロアリの侵入を防ぎます。

  3. POINT No.8
    耐震
    耐震 イメージ

    ご要望に応じた耐震等級が得られるようご提案いたします。
    [耐震等級1]
    数百年に一度程度の地震(震度6強~7程度)に対しても倒壊や崩壊しない(建築基準法の耐震性能を満たす)

    [耐震等級2]
    等級1で想定される1.25倍の地震が起きても耐えられる(主として、病院や学校の耐震性能)

    [耐震等級3]
    等級1で想定される1.5倍の地震に耐えられる(主として、警察署や消防署などの防災拠点となる建物の性能)
    ハクタスでは耐震等級2相当を基準として設計をしています。

  4. POINT No.9
    制震(振)
    制震(振) イメージ

    さらに安心な住まいにするためには、耐震構造に加えて、制震や免震をプラスすることをおすすめします。ハクタスでは、敷地や設計上の制約が少なくローコストで設置が可能で、繰り返し起こる余震にも効果を発揮できる制震をお勧めしています。

    [制震のメリット]
    ▪価格:一般的な免震装置の1/4程度のコスト*で設置が可能 *建築面積100平米程度で制震装置2ヶ所設置の場合

    ▪地盤:特に条件なし

    ▪敷地:特に条件なし

    ▪プラン:間取りや階層による制限はほぼなし

    ▪風揺れ:台風や暴風にも効果あり

    ▪余震:連続する余震にも効果あり

電話でのお問い合わせ0120-280-289