TOP社長ブログ > 海上釣堀

2019.5.04 休日

海上釣堀

本日久しぶりに大竹市阿多田島にある『大漁丸』さんへ息子と出掛けてきました。

 

小方港9時20分のフェリーに乗り、阿多田島に10時着。そこからお迎えの船に乗り換え、1分沖の大漁丸さんの筏に到着です。

 

まずはフカセ仕掛けの生ミックでマダイをゲット。ところがここから厳しい時間へと突入なのです。

 

『厳しい時に来たなぁ…(苦笑』と大漁丸さん。時期的も端境期。そしてこのGWで連日釣り人が入り、サカナもスレ気味のようです。

 

タナ取りオモリでキッチリ底を取り、9メートルから生ミック、マダイイエロー、オキアミ、青虫でローテーションしますがアタリも出ません。

 

思い切ってウキ下2ヒロでライン送りを止め、青虫で誘いを入れていると、マダイが一気に食い上がっての反転食い。活性の上がったヤツを狙うしかないようです。

 

そうこうしていると、シマアジが視認できる範囲まで群れで浮いて来ました。黄色のナビウキに反応しましたので、マダイイエローをサシ餌に見釣り。

 

群れで回ってくるシマアジ。食う気がない回遊してますが、時折エサを吸い込みます。その吸い込んだ瞬間に合わせを入れると言う完全な見釣りを展開します。

 

口が弱いシマアジなんで、浅掛かりはバラシの元なんですが、掛けない事には始まらない。

 

6つ掛けて4つ取り込み。マダイ2のシマアジ4の釣果でした。

 

00A7E455-A3E6-42BE-B70A-8784BD296F8E

 

息子はマダイ1のシマアジ1。都合マダイ3のシマアジ5。

 

B9C37860-8174-4DAE-BECC-E2A32F3603BB

 

釣れないながらのシマアジ5尾は嬉しい釣果。刺身に煮付けに握りで美味しく頂きました。

 

しかし本当に美味しいのは明日明後日。

 

シマアジフライは…ヤバい美味さです。

社長ブログ一覧へ戻る

電話でのお問い合わせ0120-280-289