TOP社長ブログ > 復旧

2018.12.11 日記

復旧

本日午後より今回の豪雨災害で罹災したH様にお会いしてきました。

 

僕の友人の紹介で数年前に建築頂いたH様邸。敷地の下に沢が流れていたのですが、これが今回土石流となったのでした。

 

827F1280-8CD4-478A-A31B-98D8E58E3168

 

発災当時の生々しい体験もお伺いしました。

 

今後この上に砂防ダムが築かれるようです。災害復旧は今後土木屋主導で行われますが、その後建築屋として何が出来るのかと言うことを考えさせられました。

 

またお子様もかなり恐怖心を植え付けられたと言う話も聞きました。

 

心の中にも災害の傷跡があります。

 

一日も早い復旧を祈るのですが、そこに影を落とす人手不足。ここに砂防ダムが築かれるのはいつになるんだろう。

 

もともと砂防ダムの工事は、八木の災害以前から不人気の仕事でした。規模が小さい割に全工種が必要なこと。儲からないし、団地内を通る事が多く、『通学時間帯にダンプを通すな。』とか、『土日はダンプを通すな。』とか、地元に反対されやすいというのが理由です。

 

今回は広範囲で災害が発生していますので、落札者が出るかどうか不安な面もありますが、まずはそこから。

1日も早い復旧を祈ります。

社長ブログ一覧へ戻る

電話でのお問い合わせ0120-280-289