TOP社長ブログ > 仲裁

2018.11.22 日記

仲裁

交通事故の損保の対応で、イヤな思いをされた事ある方いらっしゃいます?

 

損保側も出来れば支払いは抑えたいと思うでしょうし、事故処理専属の部署の方もいらっしゃる訳です。

 

そう言う時には弁護士に頼むのが一番なんでしょうが、顧問弁護士を抱えてる人なんて僅かです。

 

個人対プロのアジャスターとなると、絶対に分が悪いに決まってる。

 

そんな時にチカラになってくれる機関があると教えて貰いました。

 

『そんぽADRセンター』と言う所です。損保業界の協会の苦情相談窓口です。

 

ここに連絡すると、対応がガラリと変わるらしいです。記憶の端っこに留めておくと、いざと言う時に役立つかもしれません。

 

一方で僕ら建設業界の場合。

 

F89E2860-FAA6-440F-9AD6-7E13E9169DF8

広島県では建設工事紛争審査会というのがあります。

 

弊社の工事契約書には前もって仲裁合意書を織り込んであります。(業者に有利な独自の契約書ではなく、いわゆる旧四会連合の契約書を用いてます。)

 

もしお客様と係争となった場合、裁判ではなく県の紛争審査会のあっせん・調停に従います、と言うもの。

 

お客様はそのあっせん・調停が気に入らなければ裁判に持ち込むことが出来ますが、我々はそれが出来ません。

 

契約書に署名捺印頂く際、2ヶ所に署名捺印頂きますが、その一つがこの仲裁合意書なのです。

社長ブログ一覧へ戻る

電話でのお問い合わせ0120-280-289