TOP社長ブログ > 窮屈

2018.9.30 休日

窮屈

実質的に鮎シーズンの終わりを告げる嵐となりましたね。

大型で非常に強い台風24号が通過して行きました。

 

F6E02D2E-CE3D-44A4-A994-496C615AA969

 

【強風の中、一瞬現れた夕焼け。】

 

台風と言って思い出すのが、平成3年の台風19号。もう27年も前になるんですね。

 

当時僕はピカピカの新入社員。八丁堀の第一勧銀のビル(今はZARAがある所)に勤務してました。

 

その時は凄く忙しく、『課長、ちょうどいいんで朝まで仕事しましょうよ。』ってな勢いで仕事してました。

 

21時を過ぎた頃いきなり照明が「ダンッ!」と落ちました。停電です。すぐさまビルのオレンジ色の光の非常電源が入りました。

 

間をおかずに館内に退避勧告です。15分以内に館内から退避しなさい、との事です。

 

外を覗いてみると真っ暗。信号も消えて八丁堀交差点は車がツッコミあって大渋滞です。バスセンターは行き場をなくした人が溢れています。

 

仕方ない…

 

当時東雲に住んでいた僕は歩いて帰ることにしました。

 

ところが的場地区を歩いていると、看板やトタンが飛んでくるわ、坂道を水が流れてくるわ…やっとの思いで帰っても、食べるものはない、電気はない、コンビニも閉まってる。家の中で動いているのは目覚まし時計だけ、というような事を経験しました。

 

やはり早め早めの判断が必要って事ですね。

 

でもアレはアレで楽しい思い出。

 

停電にならなかったら…

朝まで仕事してたでしょうね。

またソレが許された時代でしたし、それがカッコいいと思える時代でした。

 

『24時間戦えますか?』

 

今では大問題になるキャッチフレーズ。

 

窮屈な時代です。

社長ブログ一覧へ戻る

電話でのお問い合わせ0120-280-289