TOP社長ブログ > ストロー

2018.8.18 日記

ストロー

一つのことに対して、一気に潮流が変わるのが現代の兆候。まるでスケープゴートを作ればいいかのように。

 

最近はもっぱらコレでしょうね。

 

663E3590-6918-4883-BE43-4C408F9C09FE

 

プラスチックストローです。

 

スタバを始め、すかいらーくHD、今日の日経にはANAクラウンホテル岡山がプラスチックストローの全廃を決めたようです。

 

背景には使い捨てプラスチック製品の海洋汚染問題があります。それだけでなく、ウミガメやクジラがプラスチックゴミを間違って食べて命を落とすケース。歯磨きや洗顔などに含まれる小さなプラスチックビーズが、分解されずいつまでも海洋を漂う問題もあります。

 

このプラスチックゴミの海洋汚染問題は、各国が協調して取り組まなければならない喫緊の課題である事はわかります。しかし…違和感感じないですか?

 

そもそも海洋を漂うゴミには、発砲スチロールやレジ袋、ペットボトル、魚網、ありとあらゆる石油由来のものがある筈です。

 

スタバやすかいらーくHD等から出るプラスチックゴミは、少なくとも管理下にあるはず。管理された下に産廃として処理されているはずです。

 

足元からの運動は大切だとは思うけど、ストローをスケープゴートにされたらストロー屋がたまらない。このムーブメントは、ストロー製造業者にとっては死活問題だと思うのです。

 

この海洋を漂うゴミがどこから来てるのか、どうやって投棄されたものなのか。この根本原因の削減と国際意識の向上、国としての対策が必要なのであって、一企業の『企業イメージの向上』の為の取り組みは、かえって危険なように思えます。

 

正直、乗っかり過ぎです。

社長ブログ一覧へ戻る

電話でのお問い合わせ0120-280-289