TOP社長ブログ > 準備不足

2018.8.12 休日

準備不足

久しぶりのアユ釣りです。お盆期間中は入川出来ないんで、今日が中盤戦の最終日。盆を過ぎると大鮎の季節となります。

 

さて情報がありません。どの河川に入ろう…水内川は10日より網が解禁しています。まあでも何とかなるだろ、と言う事で水内川に行ってみましたが驚愕の超渇水です。良く考えてみれば雨なんぞ降っていません。

 

とりあえずいつもの改善センター前ですが、橋上から覗くとアユが見えます。

 

『何なんおるやん。』

 

喜び勇んで入川です。ラインは渇水ですのでフロロの0.125号をセット。養殖オトリをカミ飛ばしで上げて行くと、ものの30秒で1匹目をゲット。幸先良しです。

 

しかしこの即掛かりのパターンって後が続かない事が多いのです。案の定2時間半、びっしりありとあらゆる場所にオトリを通しましたが反応なし。超渇水に網解禁と、ストレスがかなり効いているようです。

 

ならばと言う事で太田川本流へ。久日市堰堤から釣り下ります。そろそろオトリがヤバい…と思っていると、起死回生の23センチが来ました。

 

714976F5-3ACD-4C1D-BFD4-AFF5FE59A190

 

ラインはフロロ0.25、針はスピードの7.5号にサイズアップしていますが、それでも追いつきません。サカナが大き過ぎるのです。身切れ、ハリス飛びが多発します。

 

ここで満開チラシの8号にチェンジするとドンピシャでした。瀬の中で目印がぶっ飛ぶアタリ!横展開で即掛かり!今シーズン初使用のグラスリ5が胴からひん曲がります。

 

E47DE926-0EA1-49FC-8531-824D2F16F74D

【もうこのサイズになると片手では抜けません。両手で竿を持ち、一旦上流まで飛ばして取り込む振り子抜きで取り込みます。】

 

ラストは漁協前まで転進しましたが、下流域はまさに太田川温泉状態。こんな温さではオトリが持ちません。1尾を追加し14時半納竿としました。

 

今後夕立ちが増えて来て、少しづつ水温が下がり、水量が増えて来ると釣果も上向いて来るでしょう。問題はそのサイズ。1ヶ月後には尺が出て来るかもしれません。

社長ブログ一覧へ戻る

電話でのお問い合わせ0120-280-289