TOP社長ブログ > 悲劇

2018.6.11 日記

悲劇

6月も中旬を迎え、決算のスパートをかけなければいけない時期となりました。

 

決算って何をするの??と言われたら、全勘定科目を一つ一つ締めて行くことです。元帳を出して、一つ一つが正しいかどうか検証していきます。

 

仕分け伝票というのは貸方借方の対になっていますので、片一方が動くともう片一方も動きます。まるでモグラ叩きのようにポコポコ数字を叩きながら形を整えていきます。

 

当然大きい数字が動く勘定科目は、あらかじめ補助簿というか、根拠となるデータをバソコンに日頃からまとめていくのが普通です。

 

92k45wBRTliAI7OFwk1Ulg

 

 

今日、経理をしているO女史のHDDが飛びました。

 

この大事な時期に…

 

慌てて復旧もしくはデータ取り出しの為、パソコンショップへ走っていきました。

 

僕も過去数度HDDを飛ばしたことがあるのですが、この時思うのが『バックアップしとけば良かった…』ってこと。

 

最近ではクラウドが基本かな。サーバってのもある。

 

悲劇になっていませんように…

社長ブログ一覧へ戻る

電話でのお問い合わせ0120-280-289