TOP社長ブログ > 秋山凌君

2018.6.01 休日

秋山凌君

世の中アユの解禁ではございますが、僕は米子への移動日です。

 

遅めの抜け出しから伯耆町役場をナビセットし、広島道から中国道を順調にクルーズ。途中三次近くで休憩でPAに立ち寄りました。

 

すると『出雲方面』というボードを持ったヒッチハイクの若者が立っています。

 

E514A050-BD02-4D25-B2F1-BCCFA29B7C00

 

『米子だけど乗ってく?』

 

彼は秋山凌クンと言う愛知県の若者。ヒッチハイクで日本一周をしていて、もう8〜9ヶ月にもなるそうです。奇妙な2時間の旅が始まりました。

 

自己紹介から始まっていろいろ話をしていると、メモを取っています。何しているのか聞いてみると、『今自分は自分探しの旅をしている。このまま転職を繰り返すより、いろいろな人と出会って、それで教えてくれた事などをメモしてるんです。』

 

『ヒッチハイクでつかまらなかったらどうするん?』

 

『時間はあるんで、その時は歩けばいいんですよ〜。』

 

衝撃でした。

 

いつも時間に追われ、スケジュールに追われ、失敗する事を怖れる僕。一方で時間は無限大にあり、失敗してもその時は自分の足で歩けばいいさという彼。まるで対極的な人生。そして自分の力で進めばいいさと言う、まるで人生を教えてくれてるような生き方です。

 

彼はこんな事も言ってました。

 

『2日くらい食べなくても平気なんです。するとご飯がとんでもなく美味しいんです。食べる事のありがたさ、ふかふかの布団で寝れる幸せが本当に身に染みるんです。』

 

皆さん言えますか?

 

彼はきっと素晴らしい旅をしていて、本当に人間力を積み重ねているんだと思います。

 

僕で81人目だったかな?この出会いも彼は有難いと言っていました。

 

反対方向になるんですが斐川まで送って、彼と別れました。のちのインスタで目的地の出雲大社についた事を知りました。

 

彼を乗せて本当に色々教えて貰えました。

 

47都道府県全部回るそうです。これからの旅もきっと素晴らしい旅になる事を祈ります。

社長ブログ一覧へ戻る

電話でのお問い合わせ0120-280-289