TOP社長ブログ > パトカー

2018.6.28 日記

パトカー

おかげさまで通算1,000回目(連続では781)の更新となりました。

 

こんなブログでも結構お越し頂く方も多く、励みとなっております。徒然なるままに…で続けて参りますので、よろしくお願い申し上げます。

 

とは言え、毎日となると当然ネタが尽きてきます。となると、日々の出来事や疑問をメモしていく事になるんですが、これがアンテナを拡げていく訓練になるんだと思います。見てるけど見えてない事に気付くとか。

 

今日はそれ系のネタです(笑)

 

『パトカーって何でクラウンばかりなんだろ?』

 

4A7D1C1B-E3B9-4637-9360-D8B6184F5627

 

そう思われた事ありませんか?

 

クラウンと言えば、『いつかはクラウン』のキャッチフレーズにもあったように高級車の代名詞でした。

 

税金で高級車?そう言うご意見もあるでしょう。当然パトカーの調達も一般競争入札のはず。

調べてみました。

 

う〜ん…何か難しい(^^;;

 

ある程度の車の性能の縛りがあり、国費で買う車輌と地方で買う車輌があるらしい。

 

結論から言うと、条件をクリアしているのが現在はクラウンとレガシーだけ。確かにそうだ。

 

内装の条件にもビニールシートと言うのがある。

僕も過去数度だけ(もちろん交通系で)パトカーに乗った事があるが、乗ってみて『あれっ⁈』と思った。高級感が微塵もない。

 

確かにどんな人を乗っけるかわからないし、あとで掃除しなきゃいけない事態も起きる事でしょう。

 

供給するメーカーも、ビニールシート仕様を数揃えなければいけないし、日頃のメンテナンスも考えると、車種・メーカーが限られるもの当たり前かな。

 

それに日々市民の安全を守ってくれているのですから、腰の負担も少ない車輌の方がいいに決まってる。

 

一般市民にもメリットがあります。

 

高速道路ではクラウンに注意です(笑)。

社長ブログ一覧へ戻る

電話でのお問い合わせ0120-280-289