TOP社長ブログ > 雨水

2018.2.19 日記

雨水

本日は二十四節気でいう雨水。雪が雨になり、張っていた氷が溶ける季節で、農作業を始める目安と言われています。

 

そういえば空も青さを増して来ています。あと10日ほどで3月。渓流解禁ももうすぐです。

 

A73414EF-8BB6-4D26-A3E1-5B92CA92315D

 

渓流釣りと言えば、山陽では朱点のあるアマゴ。山陰ではヤマメとなります。ゴギと言う中国地方固有のイワナがいるのですが、天然記念物に指定されている場所があるので、一般的にはリリースが無難。あとは河川によりニジマス。この3種が対象となります。

 

吉和や匹見、芸北がメインの釣り場ですが、実は広島市内でも釣れる川があります。吉山川や高山川です。何れにしても鑑札が必要ですので、釣具屋さんで聞くと良いです。解禁日も3月1日と4月1日があります。

 

渓流の魅力は綺麗な渓流魚だけでなく、週替わりで咲く花が変わるところにあります。コブシが咲くと、その翌週は山桜とソメイヨシノ。サツキが咲き、フジが咲き、ヤマブキが咲く。そして一気に新緑の季節を迎えます。

 

山菜採りもおすすめ。雪解けのフキノトウも美味しいし、タラの芽も毎年同じ所に生えて来ます。運が良ければ天然のワサビも。

 

水温が上がって渓魚の体力が回復してくると、テンカラ(毛バリ釣り)が最高に楽しい。

 

そうこうしていると、今度はアユが解禁となる。

 

『何か趣味ないの?』と言われているお父さん。川釣りが楽しいですよ。

 

6月3日鳥取県日野川で開催の、ダイワ鮎マスターズ中国地区大会にも本日エントリー。

 

春は仕事も休日も一気に忙しくなる季節。待ち遠しくてたまりません。

社長ブログ一覧へ戻る

電話でのお問い合わせ0120-280-289