TOP社長ブログ > 伝える

2018.1.18 日記

伝える

TKPガーデンシティ品川に於いて、木耐協の全国大会があり参加して参りました。

 

講演はあの林先生です。

 

888B43A9-FE94-48F2-8782-864595962F9E

 

今、テレビでも引っ張りだこの林修先生。『住宅産業の皆さんにどのような話をすれば良いか(笑)』とおっしゃってましたが、【『伝わる』言葉と『伝える』言葉】と言う内容で1時間半ご講演いただきました。

 

自分の言葉の伝わり方、思った以上に伝わらないこと、聞いてもらえる関係を築いておくこと、相手との距離をよく見ておかなければならないこと…etc

 

その中でも、我々が気をつけなければならない事がありました。

 

相手(ここで言うとお客さま)に合わせて言葉を用意しなければならないこと。《大工と話す時は、大工の言葉を使え》(ソクラテスの有名な言葉)です。

 

専門用語は排他的言葉。

 

この業界、お客さまが知らない言葉が沢山あります。

 

例えば打ち合わせの時。営業と施工とお施主様とで打ち合わせしていたとしましょう。その中で専門用語が飛び交ったら、お施主様は疎外感を感じられはずです。

 

そうではなく、我々はお施主様が言って欲しい言葉を用意しなければならないと言うこと。

 

殴り書きのメモ書きですが、帰って整理してみようと思います。

 

『今でしょ!』の一言から始まった林先生。

番組的にはCMいつ入るの?今でしょ!

コレでよかったポジションから、今では引っ張りだこで、ご自身の番組まで持っている林先生。

 

この状況を考えると、そこには言葉を伝える凄い術が隠されています。

社長ブログ一覧へ戻る

電話でのお問い合わせ0120-280-289