TOP社長ブログ > ジャストタイミング

2017.12.22 日記

ジャストタイミング

本日、江曽との打ち合わせ。教育プログラムに関する件。

 

当然新卒に関するプログラムも含まれているわけです。

 

よく勉強し、研修している彼女に『社長、今どきの子たちは違うんです。』とお叱りを食らう。

 

確かにゆとり世代。デフレ時代に育ってきた世代。売り手市場。

 

でも、果たしてそうなのかな。

 

僕らは『史上空前の売り手市場』と言われた平成3年組。『新人類』とも呼ばれた。

 

社会人になり26年経ち、今自分らの世代が時代を動かしている。でも社会の競争構造なんてのは全く変わっていない。

 

新人類でも過去のしきたりを踏襲している。

 

 

甘やかしてはいけないんじゃないの?
温室育ちじゃ後々苦労するよ?

時代は(マーケットは)新人の気質なんかにいちいち反応してくれないよ?

 

と、思ってしまうわけです。

 

同日、この本が届けられました。

rSFk9dxUQd6WdLSfT5NVtA

 

広島大学の越智学長の対談本。この本はバルコム様より頂きました。

 

バルコムの山坂社長は大学の先輩でもあります。本の中に出てくる広島大学・千田塾の会長をされており、私はこの会の創立に関わった理事。ロータリークラブでも私の紹介者でもあります。

 

この本の中で、氏はこのように言われてました。

 

下の人間(部下)が上(上司)に気を遣うのは当たり前。それ以上に上が気を遣え。」

 

「愛を持って接する。」

 

競争社会の中で、新人達に生きていく術をや心構えを教えていくのが教育。

 

その中で大切なのが、お互いの気遣いと愛情。

 

 

ジャストタイミングでいい本に出会いました。

社長ブログ一覧へ戻る

電話でのお問い合わせ0120-280-289