TOP社長ブログ > 年末調整

2017.11.17 日記

年末調整

この時期になると話題になってくるのが年末調整。

一年に一度ですが、所得税をいくら払ったか、社会保険料をいくら払ったかわかる時期です。

 

私は社会保険料は税方式にすべき、と思っています。

 

社会保険料って言うのは、健康保険料と厚生年金保険料と介護保険料の事です。毎月給料から引かれているやつです。これが今、何パーセント引かれているかご存知ですか?

 

ほぼ15パーセントが毎月給料から差し引かれているのです。

 

この大蔵に頭を下げなくていいお金が、某省庁に入っているのです。して結果はご存知の通りです。

 

7CB3E18D-B489-42F4-818A-E04D01061C3B

 

年々増大する医療費。どこに行ったかわからない消えた年金。始末に困った大規模年金保養施設。挙げて行ったらキリがない。

 

某省庁のホームページを見てみて下さい。この巨大マネーにもぐりついた天下り先がいくつあることか。

 

僕は国税さんは得意ではありませんが、本当に仕事をしています。例えば下請けさんの債権を取り立てる場合、国税さんは音速の速さです。

 

続いてというか、ずっと引き離されて県市税。ホントに仕事をしてるの?というレベルで社会保険料です。

 

歳入庁を作り、情報を共有し、税方式にすればもっとより良い日本を築けるのに。

 

族議員がおり、利権を離さない某省庁が強大である以上、それは無理かな。

 

その責任の一端に、選挙に行かない国民。天引きされた社会保険料に無関心の国民気質もあると思います。

 

消費税の2%なんて、かわいいもんなのです。

社長ブログ一覧へ戻る

電話でのお問い合わせ0120-280-289