TOP社長ブログ > 祝勝会

2017.11.04 休日

祝勝会

本日、米子ワシントンホテルに於いて『瀬田匡志君ダイワ鮎マスターズ全国大会V3優勝祝勝会』が催され、全国から親交のある160名の鮎師がお祝いに駆けつけました。

 

7C88A82A-97C2-4105-B74A-3E80B7452444

 

この大会は過去31回の歴史があり、2度優勝の方は7名いたのですが、3度目はこの瀬田匡志君が初だった訳です。

 

どれだけ凄いトーナメントかと言うと、全国で3,000人以上のエントリーがある大会で優勝、それを3度です。今年の夏の甲子園が3,839校らしいんで、その凄さが分かります。

 

AD10107D-F826-47FC-BA16-048BF2CBA70E

(鮎釣り界のレジェンド。『闘将』村田満さん(右)と我が師匠『天敵』片山悦二。野球で言うと王長島みたいな感じかな。)

 

今日のブログ、分からない人には全く面白くないと思います。分かる人には『うお〜っ‼︎』って言う内容です。

 

833FFAF9-3DDD-4D7B-8605-DFF8D5C69D9B

右より、マスターズV2のウチの親分と、主役の瀬田チャンプと、平民の僕。

 

555EBD7C-9F23-452C-8028-F4D3C8A2D432

真ん中は準決勝で瀬田チャンプに敗れ、惜しくも第3位だった釣友出雲君。

 

BC88AA96-167A-48FE-BD6D-0E166C3DC528

 

最後に挨拶をする瀬田チャンプ。周りや家族への感謝も忘れません。

 

道を極めた人にも色々なタイプの人がいます。天狗になる人。周りへの気配りを忘れない人。

 

彼は間違いなく後者で、『実るほどこうべを垂れる…』の人です。だからこれだけの人が集まるのでしょう。

 

本当に久しぶりにお会いする方も、沢山いらっしゃいました。

 

えっ?僕?

 

①中国地区大会 予選

②中国地区大会 決勝

③西日本ブロック大会 予選

④西日本ブロック大会 決勝

⑤全国大会

 

⑤の全国大会に出るだけでも、一生に一度の晴れ舞台と言われています。(シード選手が前年度優勝・準優勝・第3位の4名いるので、残り枠が12。我々のいる西日本ブロックからは3名/509名、通過率0.589%。それだけ狭き門なのです。)

 

僕はまだまだ①〜③を行ったり来たりです。でもいいんです。代表を引き受ける時、その夢は諦めました。

 

同じ時代に、全国を夢見て一緒にフレッシュトーナメントに出ていた彼が、今や最強のチャンピオンに。

 

今日は本当に嬉しい祝勝会でした。

社長ブログ一覧へ戻る

電話でのお問い合わせ0120-280-289