TOP社長ブログ > 秋の夜長に

2017.10.02 日記

秋の夜長に

昨日よりセキュリティのクーポンの関係で、HPの表示が出来辛くなっております。水曜日には復旧の予定でございますので、今しばらくお待ちくださいませ。ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い申し上げます。
(HPの更新は出来なくてもブログは更新して参ります。)

 

 

さて秋の夜長の季節となってきました。今日はインフォーマルミーティング(早く言えば飲み会笑)もなく、早めに帰宅すると家族がこのDVDを借りてきていました。

 

ご存知『半沢直樹』です。

 

B882ED69-1281-4BC7-9547-BAC84934A4E7-3048-0000039E327A8E72

とりあえず一気に1話から5話までです。

 

いやなんと言うか、よく出来ているドラマだと感心します。逆に銀行の中ってこんなんだろうな…とニヤニヤしながら見てしまいます。

 

ドラマの中でも出て来る『日傘理論』。晴れの日に傘を貸し、雨の日に取り上げると言うやつ。

 

コレって当たり前なんです。

 

どうしても日本人は浪花節が大好き。お金は必要な時に借りるという借り手の論理。雨傘論理です。貸さない方が悪いみたいな。

 

基本的に金貸しは、『貸すのも勝手、貸さないのも勝手』の論理なのです。『貸さない親切』と言う言葉もあります。

 

なぜこんな事を知っているのか。実は私自身がノンバンク出身だからです。
弊社は現在6行さんとお取り引きをさせて頂いておりますが、レートの交渉は殆どしておりません。

 

ひとつに、こちらも民間企業ですからいい波の時と悪い波の時もある。いい時も悪い時も変わらぬご支援をお願いしたいと思っているから。

 

二つ目に、例えば1億のお金を借りると0.1%の金利差は、1ヶ月に直すとわずか8,000円強なのです。それならばもっと楽しい話をしたい。銀行マンを社外ブレインとして利用し、判断の参考にしたい。そう考えているからです。

 

秋の移動の季節。弊社の担当は5名変わらずの1人栄転。

 

新天地でもかんばって欲しいものです。

社長ブログ一覧へ戻る

電話でのお問い合わせ0120-280-289