TOP社長ブログ > イチニのサン

2017.8.25 日記

イチニのサン

今日はロータリーの関係でこんな景色を見てました。

 

IMG_0052

 

朝イチで50センチ強のマダイをあげ、青物くるわでいけすは順調に賑やかになって行きました。

 

10時くらいでしょうか、ラインをひったくるアタリが来ました。引きは強いんですが上がってこない訳ではありません。横走りもないので『マダイですかね〜』と言いながらラインを引き上げてました。

 

この釣りは手釣りです。竿もなくリールもなくサカナとラインひとつで直接やりとりできるのが魅力。ただひとつだけ注意することがあります。針は5本付いているのですが、針を船内に上げてから走られると自分に針が向かってくるので、取り込みには注意が必要な釣りです。

 

マダイだと思って上げていたので、『どうしよう…』とも思いましたが『まぁ大丈夫やろ。』と思い1本目の針を上げ、2本目も針を船べりに並べて行くとサカナが見えました。60センチクラスのカンパチです。

 

『ヤバイっ!』と思った途端、一気に沖に走りました。反射的に糸を出すと、船内に上げていた針も持っていかれて、ガツッと小指に突き刺さり、その衝撃で6号ハリスが飛びました。

 

いやバラした事より自分の右手です。6号ハリスが切れるほどの勢いで突き刺さったのです。がっつり1センチは入っています。

 

IMG_0059

 

さすがに写真撮る余裕はありません。赤丸印くらいまで右手小指に突き刺さっているのです。見ているだけでクラクラ来ます。到底自分では抜けません。

 

『やって下さい。』

 

右手をグッと固定し、『いくで。』

 

『ハイ…』

 

ペンチで針を挟み、『イチニのサン!』

 

一瞬激痛で、あとは血がどんどん(^^;;

 

釣りの中の危険と言うものを、久しぶりに体験しました。分かっていても、危険予知していても、いざという時にはなかなかその通りには動けないと言う事を身を持って実感しました。

社長ブログ一覧へ戻る

電話でのお問い合わせ0120-280-289