TOP社長ブログ > マトリックス

2017.7.20 日記

マトリックス

会社の事とか、人事の事、仕事の事を考えるとき、マトリックスを利用しています。雑多になった考えが一目瞭然、スッキリ整理出来るからです。

 

これは時間管理のマトリックス。

 

IMG_9462

 

仕事をやってるつもりだとか、会議のための会議だとか、無駄なことが一目瞭然になるのがマトリックスの良さ。

 

ではこれはどうでしょう?

 

95AF85DE-A9F0-4574-8FE9-93D32D41430C-5960-00000630623407B8

 

これはBCGのプロダクト・ポートフォリオ・マネジメント。

複数の商品を販売している企業が、戦略的観点から事業資金をどのように配分するかを決定するための経営・管理手法で、「相対的市場占有率」、「市場成長率」を軸に、以下の4つのカテゴリに分類されます。

 

問題児:
導入期・成長期にある製品。成長を促し花形にするために大きな投資が必要な製品。
花形商品:
成長率・占有率共に高いため、多くの収入が見込める製品。しかし、市場が成長している場合、シェアの拡大・確保のため、それなりの投資を行う必要がある。
金のなる木:
成長率が低いため、大きな投資は必要のない製品。しかし、ある程度の市場シェアを確保しているため、安定的利益が見込める製品。
負け犬:
成長率・占有率共に低いため、撤退などの検討が必要になってくる製品。

 

 

 

エグいですね。

 

 

 

縦軸・横軸を何を取るのかがこのマトリックスの醍醐味ですが、このマトリックス、人事でも利用出来ます。

 

縦軸を成長性、横軸を在籍期間で考えてみると、その人のポジションが見えてきます。

 

 

企業としてはいかに『金の成る木』『スター』を増やすかですが、そうはいかない。

 

 

 

では逆に、負け犬の再生方法は?

リセットボタンを押してあげるのも一つの手法。

 

縦軸を上げていくのは教育。

 

やる事は沢山あると、改めて実感。

社長ブログ一覧へ戻る

電話でのお問い合わせ0120-280-289