TOP社長ブログ > 紙媒体

2017.3.03 日記

紙媒体

現在構造的な不況業種として、新聞・出版・印刷業が挙げられます。

 

なぜでしょう?

 

そう、インターネットの普及。スマホの普及です。

 

一つの例として就活。

 

僕らの時代は紙媒体、例えばリクルートや毎コミからダンボールでドドンと送られてきて、ハガキでエントリーという形でした。

 

バイトにしてもそう。ビーイングだったりイエローページだったりしたのが、最近ではラインバイト。

 

fc057c3a

 

雑誌で考えてみましょうか。若い頃はホットドックプレスやメンズノンノ、ゲイナー。週刊ジャンプにマガジン、サンデー。全て紙でした。最近では私でさえDLしています。

 

現在、フリーペーパーと言われたスタイルでさえ廃れてきています。印刷・輸送に莫大なコストが掛かるからです。

 

紙にしろ、情報(コマーシャル)にしろ、もう大衆向きのバラマキの時代は終わったのかもしれません。

 

過去の延長線上に未来はない。

 

世の中が構造的に変化しています。

 

ウチの社員の何人が意識しているだろう。

 

 

社長ブログ一覧へ戻る

電話でのお問い合わせ0120-280-289