TOP社長ブログ > 署名捺印

2017.3.02 日記

署名捺印

昨日は『署』と『所』の違いでしたが、今日は署名捺印と記名押印。

 

この違いご存知でしょうか?

 

400C2684-7DC0-4EE9-8653-5AB46C5A9A29-17718-0000124B69FB9C1B_tmp

 

署名捺印とはサインしてハンコ。

記名押印はいわばゴム判が可です。

 

と言うことは、署名捺印の方が重い。自署捺印とも言います。

 

しかし、記名押印でも実印を押していれば話は別。

署名捺印と同じ効力を発揮します。企業はこのケースが多いですよね。印鑑証明を添えれば最強。逃げ場がないと言うか、これ以上ない契約意思表明をとなります。

 

会社内においては、社長が全て記名押印するわけではないので代理が押すケースもあります。これは社内の役割分担の問題で、契約的には有効という事になります。

 

捺印と押印は同じ意味です。

 

では実印と印鑑と印章と印影の違いは?

 

これはまたの機会に。

 

 

社長ブログ一覧へ戻る

電話でのお問い合わせ0120-280-289