TOP社長ブログ > メガトレンド

2017.2.14 メモ

メガトレンド

記念すべき?500投稿です(笑)

 

先日のひろしんの講演会で気になったこと。

 

『クラウドコンピューティング』『サスティナビリティ』『ライフ・イノベーション』。これが未来を創る3つのメガトレンド。

 

その中でも『ライフ・イノベーション』を少しだけご紹介します。

 

まず『ライフ・イノベーション』ですが、ヒトゲノムがすでに解析されているのをご存知でしょうか。ゲノムというのは遺伝子のこと。中学・高校でDNAとか、二重らせん構造とか、ワトソン・クリックとか習いましたよね。もっと覚えていらしたら、A(アデニン」、T(チミン)、G(グアニン)、C(シトシン)とか。この塩基配列こそが遺伝情報なのです。

 

この情報により、どのガンになるという事がすでに分かっています。1滴の採血から、乳がんを始め、脳腫瘍・食道がん・肺がん・肝臓ガン・大腸ガン・卵巣ガン・前立腺ガンなど13種類のガンを発見可能なのです。

 

何が言いたいか。

 

これにより保険、特に生保業界が大きく変わります。

 

またこの図を見てください。

 

40E65CE2-B8A9-440C-B8F2-339DD07AECF0-8680-00000977A6B29566_tmp

 

人口爆発です。日本では超高齢化の人口減ですが、世界的に見るととんでもない勢いで人口が増えています。何が起きるか。食糧難、エネルギー難、水不足、資源難です。工業品はBRICsからネクスト11へ移行して行くでしょう。

 

の前に、我々の仕事に置き換えてみると、どのような事が起きるか。まず団信。先が分かっているなら、早めに組んだほうが有利。というより、保険に入る事自体、遺伝子検査要となっているかもしれません。

 

そして資源難・エネルギー難です。世界で人口が爆発し、資源の奪い合いをしたら、間違いなく建築コストが上がります。そしてエネルギー。自分の使うエネルギーは自分で賄い、そして一旦使ったエネルギーは極力外に排出しない建物。人口爆発予想図から見ても、そのトレンドは色濃く読み取れます。

 

13年後の2030年にはどういう世の中になっているか。これを読み、前もって提案出来るような状態にしておくのが経営者の仕事。僕の仕事。

 

『クラウドコンピューティング』の現在、さかのぼる事15年前はISDNでありiモードでした。逆に言うと、15年前ブロードバンドとスーパーコンピューターのクラウド時代の到来を予想出来ただろうか。

 

 

 

 

過去の延長線上に「未来」はない

 

 

 

なぜか。

 

社会が、世界が、構造的に変わっているからです。

社長ブログ一覧へ戻る

電話でのお問い合わせ0120-280-289