TOP社長ブログ > 少子化

2017.2.01 日記

少子化

今年の初めに書いたFラン大学のことが、今週の某週刊誌に載っていました。

 

5DEE761F-1EBB-4795-9025-8DB7DBCD7653-3275-00000420E5628458_tmp

(写真はイメージです。)

 

国から私立大学に交付している補助金は、なんとその額3,000億円以上。正確に書くと私立大学等経常費補助金は、317,424,499,000円。

 

そのうちFラン大学に支給されたのは、例えば日本工業大学には459,539,000円。千葉商科大学には

480,442,000円。北翔大学には252,185,000円。

 

学ぶ事に対しては何も意見する事はないが、そこで教えられている内容が、漢字でありbe動詞であるとしたら問題がある。これらは税金から拠出されているからだ。

 

これだけの巨費が動くと言うことは、当然利権も発生する。

 

日本の大問題として、超高齢社会と少子社会がある。大学全入時代も少子化の影響。産業構造の変化の根底には確実にこれがある。現在を謳歌している中国経済も必ず失速する。一人っ子政策の影響が必ず出てくるからだ。

 

ムダな補助金出すくらいなら、少子化対策にお金を投入すればいいのに…縦割行政を横断させて…無理か。と、週刊誌を見ながら思った如月朔日でした。

社長ブログ一覧へ戻る

電話でのお問い合わせ0120-280-289