TOP社長ブログ > ダイワ鮎マスターズ西日本ブロック大会②

2016.7.22 休日

ダイワ鮎マスターズ西日本ブロック大会②

オトリ配布を受け、狙うポイントは住宅前の瀬の一番肩。前釣りでも比較的釣れたポイントです。このポイントには福山の矢違名人が入っていました。挨拶をかわして僕は左岸のチャラ狙い。アユが跳ねています。

 

養殖オトリにハナカンを掛け、そっと送り出します。掛かりません。『まだまだ…』オトリを引かないように丁寧な釣りを展開します。掛かりません…『ポイントを外したか…』焦りが出てきます。しかし他選手を見ても掛かっていません。ここは我慢…2尾目のオトリは後半戦用に温存です。

 

太陽の光が稜線を超えると、試合が一気に動き始めました。瀬の中段、浅瀬を釣っていた選手が抜いているのが見えます。焦ります…『勝負時なのか…?!』しかしこの時点では僕の釣っている瀬肩にはまだ陽が差し込んでいないのです。すると8時のホーンが鳴ります。このホーンを合図にAエリアの選手はBエリアに、Bエリアの選手はAエリアに場所交代しなければならないのです。

 

IMG_5999

(矢違名人とAエリアに移動中近重さんに撮って頂いた一枚。)

 

この時点で矢違さんは1尾釣られていました。『ボウズだけはイヤやからなぁ…』僕はこの時点でノーフィッシュ。おそらく予選通過ラインは遙か彼方でしょう。しかしボウズだけはいけん…とりあえず来た爪痕だけは残して行こう。

 

後半戦の陣取ったポイントは消防署前の肩の深トロ。メタルライン008に2号玉、極楽背バリと完全にオトリを沈めきる仕掛けです。打ち込めば回収不能でしょう。胸まで入り、何とか1尾を目指します。

 

IMG_5990

(試合後撮った一枚。このポイントに入ってました。)

 

あきらめも入りかけた9時20分、いきなり目印がズドンッと水中に突き刺さりました。『うわっ?!何?!』強烈な引きです。竿を上流に絞るとグラスリ5が手元から弧を描きます。耐えて耐えて飛ばして来たら、なんとこの時期最大級の24センチっ!!こ、こんなんオトリにならないよ…(T_T)

 

最後まで頑張りましたがオトリ込み3尾でタイムアップ。検量所に向かいます。

IMG_5993

(検量風景です。)

 

競技委員長の村田名人が、『こりゃまたデッカイアユやな~!!3尾分はあるでぇ~っ!!』とおっしゃいましたんで『じゃ3尾で。』というと『そりゃあかん(笑)』込みの3、221グラムで僕のブロック大会は終わりました。

IMG_5994

 

釣友出雲君は11尾で予選通過。そして決勝でも11尾を釣り、晴れて全国決勝大会への切符を手に入れたのでした。

 

やはりこのレベルまで来ると、特化した強みがないと勝ち残れません。特化した強み、言い換えると必殺技になるんでしょうね。揖保川を制した出雲君。おめでとうございました。

 

帰りの山陽道、僕もキップを手に入れました。

IMG_5997 (編集済み)

修業はまだまだ続きます…

 

社長ブログ一覧へ戻る

電話でのお問い合わせ0120-280-289