TOP社長ブログ > ダイワ鮎マスターズ西日本ブロック大会①

2016.7.21 休日

ダイワ鮎マスターズ西日本ブロック大会①

梅雨明けした7月18日、兵庫県揖保川に於いてダイワ鮎マスターズ西日本ブロック大会が開催されました。この大会は関西地区大会・中国地区大会・四国地区大会・九州地区大会を勝ち上がった選手が集まり、全国大会への4つの席を争う大会です。参加選手はシード選手も併せて38名。歴代のマスターズチャンピオン、ダイワのフィールドテスター、他メーカーのトップテスター、全国大会経験者と猛者がゴロゴロいます。果たして結果は…今回は以前HPをやっていた調で、完全釣行記でのブログ更新です。

 

7月18日のお昼、愛車V6 3.5Lのエンジンに火を入れ、山陽道を一路東へ。大会会場の兵庫県揖保川を目指します。この揖保川は大鮎の釣れる川として知られ、過去35.8センチの日本記録を出した川です。約3時間弱のドライブで現地に到着、釣友出雲君と合流します。

 

IMG_5968

(ここが揖保川の超有名ポイントの通称”住宅前”。左岸が激流です。)

 

とりあえず着替えて試し釣り。瀬肩に入ったのですが、釣れたのは3匹のみ。前評判通り釣れません。

IMG_5978

(前釣りで比較的釣れた瀬肩。本番もここに入りました。)

 

この土曜日と日曜日とで、出雲君と数カ所を釣って回りました。

①釣れる鮎はいきなりドカンとくる。

②連発しない。

③むちゃくちゃ引く。

④インラインで掛かる。

⑤デカいのとビリ鮎の差が大きい。

⑥泳がすより、玉で止めてた方が掛かる。

そして出した結論。『自分の得意な事しかしない。』出雲君は荒瀬狙い、僕はチャラ瀬狙いに的を絞りました。

 

そして試合当日です。皆さん試合前の情報交換をしています。しかし皆、心に秘策を持っているのです。

IMG_6014

(試合前の僕。さすがに気合が入った顔しています。)

IMG_6001

(参加選手で記念撮影。この後試合がスタートします。)

 

受付抽選で僕はB-33、下流エリアの13番スタートです。オトリ配布を終えた午前6時、ホーンを合図に4時間の熱きオッサン達の戦いが始まりました。

 

つづく…

社長ブログ一覧へ戻る

電話でのお問い合わせ0120-280-289