TOP社長ブログ > イギリス

2016.6.27 メモ

イギリス

先週の英国のEU離脱のニュースにはビックリしました。

image

と言うより、あまりに過剰反応した株式相場・為替相場の方にビックリしました。

 

この日だけで215兆円が市場から消えてなくなったそうです。公的年金も10兆円超の運用損の懸念もあるとか…金融工学でより複雑に、よりボーダレス化したマネーが、我先にと逃げまどうんでしょう。

 

しかしリーマンショックの時と違い、今回はある程度は予想出来たはず。しかしこの過剰反応。EU離脱の連鎖やスコットランド独立の再燃…何れにしても世界の枠組みが、また変わり始めると認識しています。と言うか、そもそも合従連衡を繰り返して来たのがヨーロッパの歴史だし。

 

参院選を前に某党党首は、この暴落をみて『アベノミクスの終焉だっ!』と鬼のクビを取ったように言ってましたが、心配せんでももう貴党に政権は来ませんよ。それよりAIIBの理事になるような『国賊鳩ぽっぽ』を止めてくれ。それが先決。

 

アベノミクスで思い出したのですが、以前講演会でこのような話を聞きました。

 

************************************************************

今の30代の社長はバブルを知らない。それでも切磋琢磨しながらこの厳しい時代を生き抜いてきた。
バブルを知っている人は、このアベノミクスをいつ崩壊するか、いつ踏み抜くか恐怖感で恐る恐るだ。
しかしバブルを知らない社長は、やっと時代の波が来たとこの上げ潮に必ず乗ってくる。
これらの社長と闘っていくには相当な覚悟が必要だ。

************************************************************

 

この手の社長は、きっとこの英国ショックをも乗り越えてくるのでしょう。

 

陽はまた昇る。

 

僕はバブルの終焉は知ってるけど、ハートは27歳のままでいる。30代の社長と十分に戦える。

 

元気出して上向いて行こうで!

 

でも鳩は撃ち落とすべき。

社長ブログ一覧へ戻る

電話でのお問い合わせ0120-280-289