TOP社長ブログ > 勇気

2016.5.24 日記

勇気

我が家には可愛い娘がいます。黒のラブラド―ルリトリバー、いわゆる黒ラブのアニーです。

IMG_0392

ごはん大好き、散歩大好き、ボール遊び大好きの、まだまだヤンチャな9歳♀。僕は愛情をこめて『アニーはん』と呼んでいます←親バカ。

 

そんなわけですから、街中を歩いていても自然自然とラブには目が向いてしまう訳です。

 

先日アストラムラインに乗っていると、いっぺんに車内の空気が変わりました。

IMG_5340ds

『あっ、盲導犬。ほんまもんや…』

IMG_5340gh

むちゃくちゃかわいい。いや凛々しい。しっかり仕事をしている眼になっています。

 

そして次の瞬間、どうしようという空気が車内に流れました。そうなんです、真後ろの優先席が空いているのです。アストラムラインはカーブでは結構揺れるのです。するとヒザのオジサンが『席、ご案内しましょう。』車内にホッとした空気が流れました。

 

盲導犬を連れられた方、ヒザのオジサン、僕も県庁前で下車しました。エスカレーター、改札とこのオジサンがご案内されました。僕はワンコのうしろ姿を眺めながら、県庁前のバス停へと移動しました。

 

バスを待っていると、紙屋町エスカレーターから盲導犬を連れられた方が上がって来ました。八丁堀方面へと歩いて行っています。気になって追っかけてみます。

 

すると某ビルからその方が出てきました。勇気を出します。

『何かお困りですか??』

 

すると、

『〇〇へ行きたいんです。』

『それならすぐ近くですのでご案内しましょう。』

 

ほんのわずかな距離でしたが黒ラブ君と歩きます。

 

『こちらです。自動ドアがありますんで開けますね。』

『ありがとうございます。』

 

黒ラブ君とその方は店内へと入って行きました。うしろ姿を見送ります。

 

いい事出来たというより、声を掛ける勇気を出せたと言う事に嬉しさがこみ上げます。いざ遭遇すると、なかなか勇気がいるもんなんです。

 

それと黒ラブ君とちょっと絡めた。彼もキチッと点字ブロックの上を案内してました。ルールなので声掛け・タッチはしませんでしたが、カレの役に立てたのも嬉しかった。

 

頑張れよ。

社長ブログ一覧へ戻る

電話でのお問い合わせ0120-280-289