TOP社長ブログ > 忙しい一日

2016.5.10 日記

忙しい一日

くさのみ福祉会さんの竣工式が終わると、慌てて市内へ。(一社)広島県建設工業協会の理事会、そして表彰式です。

 

理事会を前に檜山会長より建設業振興の功績により協会副会長の大之木雄二郎氏(大之木建設)が旭日双光章を、同じく副会長の沼田聖氏(沼田建設)が黄綬褒章受章の誉に浴された事の報告がありました。心よりお祝い申し上げます。

 

そして15時より全国建設業協会長・広島県建設工業協会長の表彰式が執り行われました。

IMG_5202

各社の優秀技術者が集まります。

 

ここで檜山会長より挨拶がありました。今回の熊本・大分地震の件です。この地震により九州の大動脈九州自動車道が止まりました。大分自動車道も止まりました。あれだけ甚大な被害を受けた高速道路なのに、GW前までには全線開通となりました。

 

広島の8.20土砂災害の際も、R54は一気に開通となりました。何故なのか。マスコミでは一切報道されません。ゼネコン=悪の方が視聴者受けするから。でも知っていて欲しいのです。二次災害の恐怖と戦いながら、一刻も早い復旧を目指すのは悪の権化(?)の建設業者なのです。日本のゼネコンは本当に優秀です。何より義憤に駆られて行動を起こします。

 

しかし最近では悲しい哉、ゼネコンが利益追求型のハウスメーカーに買収されるケースが相次ぎました。なんちゃらハウスなんて、災害が起きても絶対動かないのに…でもマスコミにとっては大大大スポンサー様。何か日本のシステムってオカシイ方向に崩壊して行っているよなぁ…

 

話は変わりますが私の実家(別府市)の写真です。

IMG_5042r

この本棚、反対側の壁からブッ飛んで来たものです。東日本大震災の時も東北の方から聞きました。テレビ、冷蔵庫、壁に引っ付いているものはブッ飛んでくるそうです。

 

日本に住んでいる以上、地震から逃げる事は出来ません。それは木造でもコンクリート造でも同じ事です。制震・免震・耐震と色々工法はありますが、いちばん危険なのは家財の下敷きになる事です。

 

今回の地震により、また色々な事を考えさせられました。エアー断震はもうやらないかもしれませんが、液状化対策のハウスバランサーは標準装備にしておりますし、既存建物の耐震改修も承っております。

 

ビルの耐震化も多数実績がありますので、ふとした折に弊社の名前を思い出して頂けると幸甚です。

社長ブログ一覧へ戻る

電話でのお問い合わせ0120-280-289