TOP社長ブログ > まだまだこれから…

2014.9.08 日記

まだまだこれから…

8月20日に起こった広島市北部での土砂災害が、激甚災害として認定されました。今後復旧のペースは上がっていくのでしょうが、まだお二方の行方が分かっていません。重機が入り夜を徹して行われていますので、近い将来発見されるとは思いますが少しでも早い発見を祈るばかりです。また自衛隊・消防・警察の方々にも頭が下がる思いです。

 

秋の気配が漂い始めた9月7日、今回は緑井八丁目の災害現場にボランティアに行ってきました。今回は市社協主催のボランティアではなく、一般主催のボランティアです。同友会でご一緒している安西事務機の西原社長が同町内にお住まいでボランティアを募集してましたので、それに乗っかりました。

20140908_1

20140908_2

道路が土石流の通り道となった為、メチャクチャに破壊されています。しかし国交省が仮設橋を掛けていますので往来は楽になったようです。しかし電気・ガス・上下水道の復旧はまだまだ時間がかかりそうです。

20140908_3

現場はU様邸でした。土石流がせき止められ、一気に家屋の方に土砂が回ったようです。午前中は30人規模、昼からは民医連の方達50人が入り人海戦術で一気に土嚢と土砂を搬出しました。

 

この辺りはまだ重機が入れない地域で、人手を必要としています。市社協のボランティアでは人数制限もあるようですが、一般のボランティアも募集している拠点もあります。

20140908_4

広島市安佐南区緑井8丁目9-21
お好み焼き屋さんの『うつろ木』さんがボランティア拠点となっています。

 

市社協のボランティアはどうしても待たされ気味になってしまいます。朝からラストまで、思いっきり土砂掻きをやりたい猛者にはこちらの方がお勧めです。昨日は若者に交じり、最後は部活のノリで声出しながら思いっきり作業しました。お蔭で今日は上腕二頭筋がパンパンです(笑)でも気持ちのいい汗をかきました。

 

また家主さんの『ありがとうございました。助かりました。』この言葉で一日の疲れが吹き飛びました。

 

しかしあくまでもボランティアは自己責任、そして安全第一です。また善意の押し売りにならないようにしなければなりません。休憩もきっちり取らないといけません。コツと言うか、ルールが色々とあるんですが、体を動かせば動かしている程アドレナリンが出てきて本気になります。そしてクセになります。

 

現地ではまだまだ人手を募集しています。心にスイッチの入った方、一度参加してみてはいかがですか。くれぐれも自己責任ですが…(^^)

社長ブログ一覧へ戻る

電話でのお問い合わせ0120-280-289