TOP社長ブログ > 社会に役立つ

2014.8.08 日記

社会に役立つ

一昨日経審を県に提出し終わった時の事です。ふと駐車場を見ると移動献血車が止まっています。

 

『ふ~ん…献血してみる??』

 

ふとそんな考えが頭をよぎりました。献血したのは高2以来です。無茶苦茶心の中で葛藤します。何せ健康診断の採血でさえ、血を見た瞬間にスーッと血の気が引くのがわかるのです。迷って迷って『世の中の役に立つなら…』の思いで、勇気を出して献血車に向かいました。

20140808_1

受付は庁舎内です。属性を登録し、右手中指の静脈まで登録します。色んな問診もあり、緊張の度合いはピークに達します。そしていよいよ…の前に血圧測定です。実は僕はあの血圧測定の機械も苦手。腕を締め上げられたらどうしても緊張してしまうのです。

 

『あれ??緊張されてますね。もう一度測ってみましょう。』下が100を切らないのです。

 

深呼吸して深呼吸して116、108、106…もうちょっとです。

 

『ちょっと休憩しましょうか。』

 

気の毒さやら初めての体験が入り混じり、どうしても落ち着かないのです。5分くらい休憩して『さぁやりましょうか。』という声が掛かりました。」

 

『今日はこれで最後にします。』絶対に下げてやるっ!!
深呼吸して深呼吸して出た数値は118。あがっとるやんorz

 

『今日はありがとうございました。』と言われ、ペットボトルのお茶を頂きました。

 

苦いお茶でした。

 

次回移動献血車を見かけたら、きっと400cc抜いてもらいます。

社長ブログ一覧へ戻る

電話でのお問い合わせ0120-280-289