TOP社長ブログ > study

2014.4.09 日記

study

今年も始まりましたランチェスター経営塾。

20140409_1

今年は『地域戦略』を重点的に勉強しています。

 

色んな経営法がある中で僕はランチェスター経営を主に勉強しています。ランチェスター経営の神髄は『弱者の戦略』です。

 

では逆に『強者の戦略』とは…
①1位である事。県単位以上で考える。
②市場占有率26%以上を確保していること。
③2位との間に10対6以上の差をつけていること。

 

強者の戦略が実行できるのは1,000社に5社程度しかないそうです。例えばトヨタなんてのは強者の戦略です。

 

ミニバンブームに火をつけたのはホンダのステップWGNです。これが売れるとみるや、ノアにヴォクシー・エスティマにアルファードにヴェルファイアと畳み掛けて市場を席巻してしまいました。

 

もしこれを地元メーカーマツダがやったとしたらどうなっていたでしょう。想像できると思います。マツダでさえ『弱者の戦略』を取らざるを得ないのです。

 

『弱者の戦略』とは…小規模一位主義です。何か特化した強みを持つ事です。

 

例えば自分で小さな飲食店を出すとしましょう。和食も出来ます、洋食も出来ます、中華も出来ますという店に客として行かれますか??きっと行かないと思います。商売敵は和洋中取り揃えているファミレスです。きっと資本力・集客力で駆逐されるでしょう。

しかし、『広島一の自家製生パスタ』というキャッチフレーズで、パスタを和洋中へと展開出来たら…きっと大手ファミレス相手でも勝負になるかもしれません。

 

『弱者の戦略』とは、一点突破力。言い換えればキャッチフレーズ、強み作りです。

 

こういう視点からお店を見て回るのも面白いかもしれませんね。流行っているお店には何らかのキャッチフレーズ、もしくは地域戦略が隠されています。

社長ブログ一覧へ戻る

電話でのお問い合わせ0120-280-289