TOP社長ブログ > QC

2013.11.16 日記

QC

最近西へ東へのパターンが集中しています。年に殆どないのですが、先週は珍しく大阪と熊本でした。その熊本はひろしんアドバンスクラブ主催の国内企業視察です。やはり他の企業さんを見せて頂くという事は、非常に勉強になります。今回も実り多き視察旅行でしたので、少しご報告させて頂きます。

 

初日の1社目は『熊本ワイン株式会社』さん。

20131116_1

(キチンと整列した熟成樽。もちろんビンテージや樽の材質まで管理されています。)

20131116_2

(数々の賞を受賞されてこられたそうです。少しだけテイスティングさせて頂きました。)

 

2社目は水門・樋門等を設計施工されている『西田鉄工株式会社』さん。

20131116_3

(国内トップ3に入る企業さんです。)

20131116_4

(工場は経年していますが、整理整頓清掃が行き渡っています。)

20131116_5

(完成品も整然と並んでいます。)

20131116_6

(素人目にも品質が良いのが感じ取れます。)

 

2日目は急遽こちらの工場も見学させて頂きました。
サントリー九州熊本工場です。

20131116_7

(阿蘇山の伏流水で磨かれた天然水でビールを作っているそうです。)

20131116_8

(最新鋭設備の為、内部は撮影NGでした。)

20131116_9

(あれだけの原材料・水・最新鋭設備・こだわりを見学した後の試飲です。全身の細胞が震える美味さでした。)

 

何れの企業様も共通する事がありました。『徹底した品質管理』です。そのノウハウまでは明かしてはもらえませんでしたが、形として随所に見えてきます。まず工場が徹底して整理整頓されています。従業員の服装も清潔感があります。言葉使いも申し分ありません。

 

一方で出張中の中国新聞一面トップに、こういう記事が踊りました。

20131116_10

現在ホテル業界の偽装の問題がマスコミを賑わせています。その所にこの記事です。

 

現場がキレイだったらこういう事が起きないかもしれません。現場代理人の服装・立ち居振る舞いがキチンとしているならこういう事は起きないかもしれません。少なくとも現場がキレイであると言う事は『コントロール』されていることの現れです。

 

今回の企業視察は色々な事に気付かされました。今回の訪問させて頂いた企業様は『安全・品質・こだわり』を追求された企業様でした。

 

一方で、新聞の会社は何を追いかけていたのでしょう。

 

ともすれば経営者は井の中の蛙になりがちです。今回の企業視察、大変勉強になりました。今後に生かして行きたいと切に感じます。

 

社長ブログ一覧へ戻る

電話でのお問い合わせ0120-280-289