TOP社長ブログ > 花の平成3年組

2013.8.29 日記

花の平成3年組

昨日リクルートのTさんが担当さんとご来社下さいました。この御仁、年齢は2つ上なんですが社会人になったのは同期。『花の平成3年組(?)』です。

 

この頃僕らは『新人類』と呼ばれ、時代はバブルの末期イケイケの時代で数字至上主義、コンプライアンスなんていう言葉はまだなく、モーレツに働いているのが楽しい時代でした。

 

当然上司とぶつかる事も多々ありました。
僕  『課長っ!!オレにやらせて下さいっっ!!』
上司 『よっし、わかった。オレがケツ拭いたるけぇ思い切ってやれっ!!』
僕  『はいぃっっ!!』

 

支店の月間予算が15億の時代に、一人で5億の予算を持っていた事もありました。『行ってきますっ!!』営業全員で飛び出して喫茶店へ直行。そこで今日の作戦会議です。また一旦支店を出て病院へ直行、栄養剤を点滴してもらい営業に飛び出してました。『24時間戦えますか』とCMで流れていた時代です。社長表彰も貰ったなぁ…(笑)

 

その時僕らはこんなものを持っていました。

20130829_1

ポケットベルです。呼び出されるとピーピーと鳴り公衆電話から会社に電話していました。ポケベル時代後半は短文メッセージが入りましたので直接取引先へ電話していました。懐かしい時代です。

 

ここ15年、いや10年で世の中は劇的に変化しました。ポケベルからPHSになり、携帯からスマホの時代です。携帯なんて出た当時肩掛けだったんですよ(笑) それが今ではGPSで現在地までわかっちゃいます。

 

そうやって考えてみるとセカセカした世の中になっちゃいましたね。例えば…長期休暇が取れたとして携帯がつながらない場所に1週間行けますか??PCメールを1週間チェックせずにおれますか??何か恐怖心さえ覚えます。

 

本当にリアルタイムが求められる時代です。何でも即即です。でも…1年間で1分1秒を争う事ってどれだけあるんだろう。短距離走のペースで長距離走は走れません。当たり前の事です。いかにIT技術(ハード面)が進化したとはいえ、動かすのは人間なのです。
fast and slow
on or off
良く遊び良く学べ
僕らの世代は、このスイッチの切り替えが上手い世代かもしれません。現在家を建てられるのは、僕らの世代が圧倒的なボリュームゾーンです。皆さん少なからず遊びゴコロをお持ちです。もしかしたらこういう時代背景や世代気質が、住まいづくりにも表れているのかもしれません。

社長ブログ一覧へ戻る

電話でのお問い合わせ0120-280-289