TOP社長ブログ > ご縁

2013.5.20 日記

ご縁

アベノミクス効果でしょうか、消費税効果でしょうか、最近特に引き合いを頂いております。4月末に決算を迎えたのですが、完成工事高の150パーセントの繰越工事で今期を迎える事が出来ました。本当にありがとうございます。皆様のご期待に添うべく、今期も一所懸命頑張って参ります。皆様の更なるご指導ご鞭撻そしてご愛顧の程宜しくお願い申し上げます。

5月17日大安吉日、地鎮祭が挙行されました。場所はこちらです。

広島にお住まいの方ならもうお分かりですね。この度広島の目抜き通りである中央通りで施工させて頂けることになりました。

この数か月前、発注者のP社の社長さんとある会合でお会いし、こちらの件で話をさせて頂いていたのです。その時は、『目抜き通りなんで全国大手が施工するんだろうなぁ…』くらいにしか思っていなかったのですが、積算図面を頂戴出来る事となり、そして光栄にもご下命頂けるという運びとなりました。

実はP社の先代社長とも、会合で何度もお会いさせて頂いてました。その折『お客様商売とは…』と言う事と『経営者は現場を見ないといけない』と言う事を教えて頂いてました。失礼ではありましたが、数年前こっそり現場を見に行った事があったのです。すると確かに接客態度は申し分ありません。今度はバイト君と思わしき男の子にわざと話しかけてみました。受け答えも立派です。そうなんです、客にとっては正社員だろうがバイトであろうが関係ないのです。それをきっちり教育し、現場が実践している…凄い会社だと思った記憶がよみがえりました。

このGWにこころ第13回住宅展がオープンしました。天候にも恵まれ、たくさんのお客様にご来場いただきました。私も通路に立ち、何組ものお客様を接客させて頂きました。一昨年の第12回住宅展でも通路に立ちました。立つようになったのはP社の先代社長の『経営者は現場を見ないといけない』という言葉で、『よし、貰い。』と思って実践したのがきっかけでした。

地鎮祭前の会話の中で、P社の顧問弁護士の先生も弊社の事をご存じだと聞きました。またこの度P社へ入られた方も、つい先日まで弊社とお取引をさせて頂いていた方で、私も存じ上げている方でした。

建物を建てる時には、不思議といろいろなご縁が交わります。今回もたくさんのご縁が重なって地鎮祭を迎える事が出来ました。
DSC_4344
誠心誠意頑張って参ります。

社長ブログ一覧へ戻る

電話でのお問い合わせ0120-280-289