TOP社長ブログ > 時流

2013.2.12 日記

時流

この一週間で3度リーガロイヤルホテルを利用させて頂きました。滅多に行くことがないのですが(笑)、珍しく重なりました。最初は広島銀行主催の若手経営者会『ひろぎんトゥモロウクラブ』の全組織合同講演会・交流会でした。講演は元ヤマト運輸株式会社代表取締役社長都築幹彦氏。

私はこういう講演会に出席させてもらうと、何か1点だけ持ち帰るようにしています。全部持ち帰ろうと思っても無理ですし、何も持って帰らなければ時間の無駄です。この日は『特色を持たない会社は衰微する』という部分で話された『強み』の部分を持ち帰らせて頂きました。

2度目はこちら。

時事通信社主催の内外情勢調査会広島支部第569回月例懇談会にお招きいただきました。講演は1月に経済財政諮問会議に入られた㈱日本総合研究所理事長高橋進氏でした。演題は『2013年の日本経済の展望と課題』。正直難しかったというのが感想です。いつも自分の経営を通じて物事を判断したり、事例に当てはめたりしているので、一気にマクロ経済まで行っちゃって面喰っちゃいました。しかし虫の視点だけでなく、鳥の視点も必要なことを気付かせてもらえました。

3度目は昨日、お客様の旭日双光章受章祝賀会にお招きいただきました。
IMG_0652
弊社の創業者も黄綬褒章、勲五等瑞宝章を陛下から頂戴しているのですが、大先輩方の苦労話そして業界発展の為の貢献話というのは心を打ちます。ネットに彷徨う上っ面を掬うような(まるでステマのような)顧客満足だとか、〇〇〇ートに作られたトレンドに乗ってしまう住宅業界だとか、私の心の中にあるモヤモヤを吹き飛ばしてくれました。

『ゆかしくくつろぐ』
今こころに展開しているモデルハウスYUKAROGUシリーズのメインコンセプトです。

住み心地や素材の良さ、そして家族のつながりを感じられる住まい。
そして例えば地震であったり停電であったり酷暑であったり極寒であったり、有事に実力を発揮する住まい。

普段の暮らし心地は奥様に決めて頂きたい。

そして有事の対策はご主人に判断して頂きたい。

震度6強でもグラス1つ倒れなかったエアー断震システム、
液状化現象でもすぐに復旧可能なハウスバランサーシステム、
ロケットにも用いられている先端技術ガイナ採用で、エアコン要らずの夏を過ごせる二重遮熱技術、
そして非常時でも自分でエネルギーを調達できるスマートハウス、

すべてこころ住宅展示場でご用意しています。

社長ブログ一覧へ戻る

電話でのお問い合わせ0120-280-289