TOP社長ブログ > 夏本番

2012.7.24 日記

夏本番

はっ、と気付けばもう7月も終わり…ブログ更新を1ヶ月以上怠っておりました。と言いますのも、決算業務に県に提出する決算変更届、これに建設業許可更新や各種会合と多忙な毎日を過ごしていました。すると3人の方に『いい加減ブログを更新しろ!!』と、暖かいご声援(?)を頂きましたので今日パソコンを叩いている次第です。

決算業務をやっていると、いろんな意味で1年を振り返ります。ウチの事業年度は5月1日から4月30日なんですが、昨年は本当に色々な出来事がありました。3月11日には未曾有の大災害がありました。日本中が不安に駆られ、民間の工事発注がピタッと止まりました。ありとあらゆる部材が高騰しました。外注費も跳ね上がりました。3月31日には施工のトップの専務がガンで永眠、4日後の4月4日には営業部長が社内で脳卒中に倒れました。

両腕をもがれた状態での60期のスタートでした。内憂外患とはまさにこの事です。何をどうすればいいのか…とやかく考えず今やっている事を一所懸命打ち込むことにしました。お陰様で第11期モデルハウスは盛況でした。社員も頑張ってくれました。従前のお施主様も助けてくれました。不安はありましたが、悲観はしていませんでした。すると寒くなってくる頃から少しづつ風向きが変わり始めました。決算を閉めて各数字を見てみると、受注工事高は4期連続で右肩上がりでの着地でした。僕の主義として下請工事は極力やりません。公共工事も、ダンピング競争になりそうなら参加もしません。この主義を貫き通してのこの数字です。少しだけ胸を張ります。これもひとえにお施主様のお陰、社員のお陰です。感謝感謝です…

全ての書類を役所に提出し終える頃、広島の梅雨も明けました。一転して連日の猛暑猛暑です。そんな日が続く日曜日、ちょっとだけ川の水に浸りに行きました。清流にたっぷり癒してもらいました。

暑さに負けずこれからも頑張ってまいります。

社長ブログ一覧へ戻る

電話でのお問い合わせ0120-280-289