TOP社長ブログ > 三方一両”得”

2012.3.26 日記

三方一両”得”

3月も終わりだというのに寒い日が続いています。今朝は近所の山もうっすらと雪化粧をしていました。とは言え中央通りのモクレンも咲き始め、こころでは雲雀がさえずり始めました。春本番までもうすぐです。

そんな大安吉日の24日、2現場が上棟致しました。

廿日市市大野町のN様邸です。2日に分けての上棟と言うだけあって、木材のボリュームが凄いです。柱梁の太さが目を引きます。

続いて段原のH様邸です。
IMG_0052
段原という街中での上棟ですが、うまく隣地をお借りできてレッカーを据える事が出来ました。2月7日にご紹介させていただきましたI様邸の2軒隣の現場です。私が現場を訪問した時は丁度お昼休みの時でした。その時今回担当する大工と話をしたのですが、『最近ウチの現場は現場監督がすぐ近くにいるんですごくやりやすい。』という言葉を頂きました。

フフフ…ランチェスターです。こころの現場でも半径100m以内に3現場です。現在段原でも100m以内に3現場です。今回上棟した大野でも、岩国-大竹-大野-五月が丘と山陽道上に現場代理人を配置しているので、30分以内にどこの現場にも駆けつける事ができます。つまり移動時間を極力排除できる配置(または受注)を心掛けているのです。

移動時間が少なくなると、現場を見る時間が長くなります。それだけ監理がより行き届きやすくなりますし、お客様にとってもプラス、協力会社にとってもプラスに働きます。現場経費も圧縮出来ますのでお客様によりお安く、そして行き届いた施工監理を提供できます。つまりお客様-当社-協力会社ともにWIN-WIN-WINの関係が出来るのです。

おっとこのブログは同業他社がよく見ているんでした。なんであんまり手の内は多くは出せないのですが、皆が得をし皆が幸せになる方法…こういうことを常に模索しながら毎日頑張ってます。

社長ブログ一覧へ戻る

電話でのお問い合わせ0120-280-289