TOP社長ブログ > ひろしん青年経営塾経営方針発表会

2012.1.25 日記

ひろしん青年経営塾経営方針発表会

広島信用金庫本店で、第16期青年経営塾の修了発表会がありましたので私も参加してまいりました。1年前私もこの会で勉強し、そして異業種交流の輪を拡げてまいりました。この経営塾を卒業するとアドバンスクラブへ入会となります。監査役という立場を利用し(?)、発表会を聴講してきました。本当のところは他の経営者のホンネの経営骨子を聞き、新たな刺激を受けたかったのです。発表会には坪井理事長、石川専務理事も見えられました。

一人当たりわずか10分という発表時間ですが、この中にいろいろな思いや理念に基づいた経営方針が発表されます。異業種ですので内容そのものは参考になりませんが、心に残る言葉をメモしていきます。講習会でもそうですが、内容そのものは忘れてしまいます。でもその中で何かひとつでもキーワードを手帳にメモします。これを時々読み返し、また1年の終わりに全てを読み返してみるとちょっとした財産になっています。今回はこういうキーワードが心に残りました。

『不易流行』・・・いつまでも変化しない本質的なものを忘れない中にも、新しく変化を重ねているものを取り入れていくこと。また新味を求めて変化を重ねていく流行性こそが不易の本質である。

快適な暮らし心地・快適な住まいを追求するという本質を忘れないままに、その時その時の最新鋭の技術を取り込んでいく。まさに我が社がこころモデルハウスで展開している方針です。第11期(現住宅展)ではAIR断震システムと遮熱技術(ロケットの遮熱技術)をご提案しました。第12期(今春オープン)では、YUKAROGUシリーズの暮らし心地はそのままに、AIR断震システム、液状化現象でも素早く復旧出来るハウスバランサーシステム、そして遮熱技術の発展型である多重遮熱パネルをご提案させていただく予定です。

今日は本当に良い刺激を受けました。これからも常に良い建物がご提案出来るよう頑張ってまいります。

社長ブログ一覧へ戻る

電話でのお問い合わせ0120-280-289